MY WAYS

自由気ままに色々レビュー

AM-09 情報参謀サウンドウェーブ

今週のプライムは個人的に海外版を見たときからかなり好きな話だったり。
s-DSC08609.jpg
サウンドウェーブはディセプティコンの優れた諜報員である。
メガトロンの古くからの仲間の一人であり、配下のレーザービークを利用して、仲間の情報から敵の情報まで知りたいことは全て知る。
メガトロン不在時は気まぐれなスタースクリームを抑制し、ほんの少しの企みすらもチェックしている。
地球上のあらゆる通信を傍受、オートボットに関する情報を入手する為に惑星中をスパイしている。
(パッケージのプロフィールより)

という訳で40話でついに派手な戦闘を見せてくれたサウンドウェーブをレビュー!


s-DSC08619.jpg
ビークルモード 偵察機
実写でちょいちょい出てくるプレデターのような偵察機に変形。
中々細く、薄く出来ています。
ちなみに機首や尾翼などは柔らかめの軟質パーツ。

s-DSC08620.jpg
後ろ
おなじみのランディングギアも機首側のみですがきっちり作られていてもちろん収納ギミックも。
ここは流石のこだわり。

s-DSC03400.jpg
s-DSC03399.jpg
シール無しのビークルはこんな感じ。
紫のアクセントがなくなりちょっと寂しめ。

では、トランスフォーム!
変形はかなり簡単。
ですが軟質素材で薄いパーツがあるためそこが千切れそうに見えてちょっと怖いですね・・・
硬質素材だったらすぐ割れちゃいそうですししょうがない部分ではあるんですけども。

s-DSC08587.jpg
サウンドウェーブ ロボットモード
特徴的な細身で腕の長い体系がバッチリ再現されています。
ちょっと脚が短いかなぁという気もしますが、まぁ許容範囲内。
ちなみに腕の先、かかとなどが軟質パーツになっています。

s-DSC08589.jpg
後ろ
目立つガワも無くスッキリ。

s-DSC08590.jpg
バストアップ
特徴的なバイザー顔もしっかり再現。
ただ画面がかなり三角形に近くなってるのがちょっと気になるかなぁ。
見ての通り集光ギミックはナシ。

s-DSC08593.jpg
そして胸の装甲は劇中どおり取り外してレーザービークに変形可能!
レーザービークには5mmジョイントがついているので手に持たせたりすることができます。

s-DSC08595.jpg
AMバンブルビーと比較
細みな分ボリュームが少なめ・・・

s-DSC03407.jpg
s-DSC03408.jpg
シール無しのロボットモードはこんな感じ。
シールがアクセントカラー的な感じに使われているのでこれだとちょっと寂しいですね。

s-DSC03411.jpg
シール。
このサウンドウェーブは4月発売のため3月のホイルシールと5月以降の紙シールの中間になるわけですが、4月発売のシールは粘着力が低い上に固く、小さいシールの多いサウンドウェーブにはかなり不向き・・・
特にすねの部分が曲面な上に小さいので本当にすぐはがれます。これはもう接着剤とかでくっつけるのが手っ取り早い・・

s-DSC08612.jpg
s-DSC08614.jpg
付属のアームズマイクロンのゾリ。
ビーストモードは見ての通りサソリ。名前の由来もサソリからのもじりですね。
そしてかわいい。

s-DSC03409.jpg
ランナー状態はこんな感じ。
マイクロンの通し番号(パーツの番号ではなく)が書かれたプレートが変な位置にありますなぁ。

s-DSC08615.jpg
ウェポンモードはフレキシブルロッド。
劇中でよく使っている触手イメージの武器ですね。
ただ、長いのでサウンドウェーブの軟質素材な腕があんまり耐えれなかったり・・・
エネルゴンクリスタルは紫色のダーク。

s-DSC08584.jpg
各所のジョイントにアームズマイクロンを取り付けてアームズアップ!
しかしこのサウンドウェーブはジョイントが少なく、コンボウェポンを腕に持たせると軟質パーツの腕が重みに耐え切れず曲がってしまうという欠点があるためあまりアームズアップには向かない感じ。

s-DSC08621.jpg
ビークルモードでもアームズアップ!

s-DSC08596.jpg
では適当にポーズ

s-DSC08599.jpg
可動はプライムにしては珍しく悪め。

s-DSC08602.jpg
長い腕はかなり自由に動かすことが出来ます。
特徴的な腕な分、見た目に大きな変化が出るのでこの可動は結構でかいですね。
腰も回るので不自由しないです。

s-DSC08611.jpg
で、脚の可動の方はというと不自由め。
股関節があまり広げられないのですよねぇ。別に安全基準に引っかかるとか言うわけでもなさそうなんですが・・・

s-DSC08603.jpg
股関節が広げられない以外はこれといった問題はナシ。脚も普通に上げられますしね。

s-DSC08600.jpg
膝がもうちょっと曲がればなーという気もしますがこれは逆間接風なデザインの関係で致し方ないところですし。

s-DSC08605.jpg
まぁ、もともと滅多に動かないキャラなので可動しなくても良いっちゃ良いかなというのはありますけどねー。
メガトロンやスタースクリームのそばに置いておくだけでもかなり存在感ありますしw

s-DSC08607.jpg
触手で作業。

s-DSC08617.jpg
以上、AMサウンドウェーブのレビューでした!
思うがままに動かすっていうのは出来ませんが細身なスタイルにレーザービークのギミックもバッチリ完備で劇中のイメージはしっかり捉えられていますね!

スポンサーサイト

コメント

個人的にがっかりな出来……

海外版はなかなか高評価だったのにねえ……
日本版の仕様が悉く裏目に出ちゃってる感じがしますね……(シール処理)
シール自体剥がれやすい(そもそも貼りにくい)上に、剥がれやすい(そもそも貼りにくい)部位に貼り、しかもシール自体も尋常でなく小さい……
これはひどいよ……

出来自体はいいんだけどね。シール処理がすべてを台無しにしてる気がするなあ……
軟質パーツだって幾らなんでもフニャフニャ過ぎだし(千切れるどころか自重にすら負けるのではと邪推してしまう……)。

なんか、期待が大きすぎたような気がする。だから失望感も一際大k……(自制)

それよりも、膝裏のパーツのせいで思ったように直立ができない……
まあ、ゾリは可愛い上に汎用性も高いし、置いてあるだけで存在感あるから(前にドレッドウイング置いちゃってるから見えないけどw)、それだけで十分なんだけど。(笑)

日本版の仕様が悉く裏目に出てる気がするだの、可動が狭いだの、軟質パーツが柔らかすぎだの、色々問題はあるけど、置いておくだけで存在感があるのは真実ですよね。
これは2個買いしておくべきだったかなあ……(苦笑、シール的な意味でも)

  • 2013/01/12(土) 22:31:31 |
  • URL |
  • Rodi-Rodi #-
  • [ 編集 ]

Re:Rodi-Rodiさん

AMサウンドウェーブは是非ともシールを現在の仕様にあわせたものを出して欲しいところです・・・
軟質パーツも海外版だと折れそうで怖いらしいのでここばっかりはデザインの問題ですかねぇ。

膝裏パーツはよくわかんないですがデフォが逆間接なんでどうしようもないところじゃないでしょうかね。

これでも公式アンケートで上位に食い込んだんだから驚きだぜ・・・

  • 2013/01/13(日) 23:38:53 |
  • URL |
  • ウェイズ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tfride.blog.fc2.com/tb.php/121-8ae0cc67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ