MY WAYS

自由気ままに色々レビュー

G02 侍チーム2号 ジンブ

G0248.jpg
「拙者は超空長刀流ジンブ!」
オートボット軍所属の、対プレダコン特殊部隊「ソードボット・侍チーム」の一員。
超空長刀流の使い手。空中での戦闘を得意とし、そのスピードと、長刀を使った一撃必殺の剣撃技を繰り出す。ケンザンとは良きライバルとして衝突する事もあるが、互いを認め合う仲間としての確かな絆で結ばれている。勇に対しては、良き兄であろうと接するあまり、時に厳しい態度に出ることもある。

今回はソードボット侍チームより2体目のジンブをレビューです!

G021.jpg
G022.jpg
ビークルモード ジェット機
前進翼風の戦闘機ですね。後部はユニットをつんでいるような独特な形状に。

G024.jpg
もちろんランディングギアは折りたたむことが可能。付属の武器を取り付けることも可能です。

G023.jpg
カブトユニットは専用のジョイントで取り付け。

G025.jpg
では、ジンブ!トランスフォーム!
侍チーム全員に言えることではありますが変形はかなりシンプル。

G026.jpg
G027.jpg
ジンブ ロボットモード
ケンザンと同じく合体ギミックの影響で独特な構造になっていますが、ケンザンよりもかなりえらいことになっちゃってますなw
背中のパネルがイマイチしっかり固定されないのが気になるポイント…

G0249.jpg
ちなみに今回紹介するジンブは個人で改修を行っています。改修部分はモモの部分で左が開封状態で右が改修後。
この改修を行うことによってゴウケンザンでのまとまりが格段に良くなります。
改修自体はドライバーだけで行える簡単なものですが、タカラトミーに連絡すれば修理してくれるそうなのでそちらのほうが確実ですね。(但し発送は七月中頃以降なんだとか)
まだジンブを購入していない方は下手に今通販などで買ってしまうよりも再出荷分を購入することをオススメしときます。手間がかからないかつ安全なのことに越したことはありませんからねぇ。

G0212.jpg
G0213.jpg
顔周り
二枚目な感じの顔でニヤついた風に造形されています。
戦闘機系のTFではお馴染み(?)なとんがり頭が特徴的。

G0211.jpg
超空長刀流の名の通り武器は長刀。
これがまたかなり長くて持ち主であるジンブよりも大きかったり。

G028.jpg
刀は背中にマウントさせておくことも出来ます。斜めに取り付けるのがいかにいもって感じ!

G0218.jpg
カブトユニットは5mmジョイントで手に持たせることが出来ます。ブラスター兼盾ってとこでしょうか。

G029.jpg
カブトユニットはケンザンと同じく背中に取り付けることが可能。
ケンザンは背中に電源ボックスがあった影響でかなり目立つ接続でしたがジンブでは背中に背負う形に。
素のままだと背中が寂しかったのでこれで丁度良い具合ですね。銃口も下に向いてジェットパックっぽい。

G0210.jpg
刀はこの状態でもマウントが可能。

G0215.jpgG0216.jpg
そして初回購入特典であるアームズマイクロンのジンもご紹介。
モノ的にはAMスモークスクリーンに付属したエスツーのクリアイエロー版。
ちなみに通常版のエスツーにあった説明書の記載ミスは修正されていないので完成状態の写真を見ながら組むことをオススメします…

G0214.jpg
ウェポンモード。どうしようもないところですがジンブに対して小さめで迫力不足かなぁ。
この状態じゃ見えてませんが、インシグニアはザンと同じくエネルゴンクリスタルの上にプリントされています。

G0217.jpg
ジンブに戻ってハンターオプティマスプライムと比較。
ボイジャーよりも頭ひとつ分ぐらい背が高いです。

G0221.jpg
それでは適当にポーズを。ケンザンと同じく、独特な構造をしている割にはかなりよく動いてくれますね。

G0225.jpg
肩はボールジョイントですが変形関係の造形の影響でちょっと動かしにくいかなーと。
動かしにくいってだけで可動自体はかなり良いんですけども。

G0222.jpg
肘は変形の関係で180度まで曲げることが出来ます。手首のロールが無いのは刀を扱う時に気になりますが二の腕のロールである程度代わりは効きます。
腕の可動は良い感じなんですが腕自体が小さめなので刀の両手持ちは厳しいですねぇ。

G0220.jpg
脚は前後共に水平まで上げることができます。この部分の可動はクリック入り。
股間節に横方向への関節が無いため、脚を開く際はこの関節と脚と腰の境界のロールを駆使することに。
字に書くとややこしいですがかなり素直に動かすことが可能ですね。
また胴部分のパーツはしっかり固定されているのでわきの下辺りからガバっと開いちゃうなんてことはありませんよw

G0224.jpg
膝や腿のロールなど、脚でも股間節以外の部分は一般的な構造になってます。
膝は結構固めのクリックが仕込まれていますな。

G0223.jpg
脚は可動よりもその前後に厚いデザインが気になりますねぇ。
脚の黒いパーツは特に固定されているわけでもないので弄っているうちに勝手にパーツが動いちゃっているなんてのがよくあります…

G0226.jpg
接地はつま先とかかとの二点で接地するヒールタイプ。前後幅が大きいものの接地はあまり気になりませんね。

G0219.jpg
長い武器なんで勇者パース的に。
ケンザン以上に独特なシルエットになってはいるものの関、節は単純なので思い通りに動かすことができるのが良いですな!個人的に侍チームの中でもジンブが一番扱いやすい。

G0227.jpg
それではケンザン、ガンオウと共にいざ、参乗合体!

G0250.jpg
ケンザンを足、ガンオウを胴、ジンブを上半身に変形させ合体!

G0230.jpg
そしてジンブにカブト装着!
カブトのパーツをケンザンと接続することで「カブト装着!参乗合体!ゴウジンブ!」の台詞と共にLEDが黄色に発光!
また、ケンザンの合体待機状態のうちにカブトを装着すると追加SEが発生します。
台詞の声はしっかりケンザンからジンブの声に変わります!

G0231.jpg
G0232.jpg
翼が肩に広がった独特なシルエット。ジンブが薄く変形していることもあり胴長感は感じませんね。
背面も綺麗にまとまっています。

G0233.jpg
G0234.jpg
顔周り
ロボットモードと同じくカブトも頭がとんがってます。
胸の二つのインシグニアが家紋っぽくて着物を羽織っているようにも見えますね。

G0235.jpg
この状態でケンザン部分のスイッチを押すと「参乗奥義!迅!迅!迅雷返し!」の台詞と共に中央のLEDが黄色に発光!
また、長押しで「いざ!超必殺!参乗奥義!迅!迅!迅雷返し!」という台詞に変わりLEDも三色に発光する様になります。発光するのは股間なんですが…ww

ただ、ケンザンが逆さまになっているのとジョイントの形の関係でガンオウがずりやすいためにケンザンの電源ボックスが外れて音声が安定しないと言う欠点が。ここはもうちょっとどうにかしてほしかったところですねぇ。

G0236.jpg
武器はゴウケンザンと同じく合体槍。
この合体槍に限ったことではないんですが、ゴウジンブの拳のジョイントは親指が出すぎてて5mmジョイントの武器を持たせることが出来なくなってしまっていたり。
一応、小指側からなら問題ないので写真では槍を逆に持たせていますが、安定しないのでもう普通にジンブの刀だけ持たせるってのもありかなと。劇中でも刀を使ってますしね。

G0237.jpg
カブトも普通に持たせられないので逆手持ちで。
ケンザンとゴウガンオウのカブトが合体したものですがゴウケンザン時の物よりまとまっていたりしますw

G0238.jpg
ちょっと脚の変形のことを。
ゴウジンブの脚はここまでの画像の様(この写真では右脚)に変形させるのが正しいのですが、この変形だと足首が固定されず可動させた時にまともに立ってくれない上に足首にヤバそうなテンションがかかっています。
なので、自分は写真の左足のように足首がケンザンの単体時と同じ変形にさせてポーズを取らせてます。こっちの変形のほうが足首がガッチリ固定されている分しっかり立ってくれるのですよね。脚のバランスもそこまで気になりませんし。(可動させるときに単体時の膝が曲がってしまったりするという欠点もありますけど)
というわけで以下の写真ではこの変形にしてますのでご理解くださいませ。

G0246.jpg
ハンターオプティマスプライムと比較。
ボイジャー2体分の大きさでホントデカい…

G0239.jpg
それでは適当にポーズを。この形態でもしっかり可動してくれますね。

G0242.jpg
腕はジンブの足と同じ部分と言うこともあってよく動いてくれますね。
ただ、大きな翼に干渉するので前方向への可動はちょっと苦手。

G0243.jpg
参乗覇王剣も拳の関係で逆手持ちしか出来ないのでいっそ逆手持ち前提なレオニドトンファーを持たせるってのもアリかな。

G0241.jpg
股間節は脚が干渉してクリック二段分しか前に出すことができません。まぁ、ケンザンの関節がそこまで強くはないので派手なポーズを付けすぎると重さに耐え切れずにこけてしまうのでここはまぁいいですかね。(ガンオウ脚が頑丈すぎる)

G0240.jpg
ただ股間節部分の関節の接続構造がちょっと不安になる構造をしているのが気になりますね…これは素立ちでもそのまま立たせてずっと飾っておくのは控えたほうが良いかも。
まぁ普通に遊んでいる分には大丈夫だとは思いますが…

G0245.jpg
ほんと股間節の構造さえもうちょっとどうにかなっていればスタイルも悪くなくてかっこいいしで気兼ねなく遊べたんですけどねぇ。

G0247.jpg
以上、ジンブ、ゴウジンブのレビューでした。
ジンブ単体は独特な構造ながらも素直に動いてくれてとても遊びやすいですが、ゴウジンブでは少し不安になる構造が気になります…ゴウケンザンではこういったことは気にならなかったもっと詰めて何とかしてほしかったところですねぇ。
しかし参乗合体システム自体は非常に面白いのでまだ手にしてない方には是非触っていただきたいです!
ジンブの再出荷はまだ先だけど
スポンサーサイト

コメント

レビュー見てると,こいつが一番遊びやすそうな気がする……

構造自体はケンザン以上にとんでもないことになっちゃっていますが,遊びやすさは,レビュー見た限りだと一番っぽい?
やっぱり電池箱がないのと,全体的に細いのが大きいのかな?
リコール出たけど.

「迅!迅!迅雷返しぃぃ!」でゴッドマスターを連想したのは自分だけでいい……(笑)

やっぱり,なんだかんだ言って出来悪くないんですね,侍達.
TF臭は薄くてもやっぱりTFですね.

うーん……10月発売のセット版買うか……
(何回も3回も言ってるけど)欲しい本も山のようにあるからなあ……(電験等)
TFもスプラング,ブリッツ,MPカーロボたち,その他諸々……

  • 2013/07/12(金) 23:47:20 |
  • URL |
  • Rodi-Rodi #-
  • [ 編集 ]

Re:Rodi-Rodiさん

他の侍チームと違って胴がしっかりと固定されるというのがかなり大きいですねー。
参乗組は日本オリジナルだけあってかなり気合入ってる感じします。

  • 2013/12/08(日) 23:17:10 |
  • URL |
  • ウェイズ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tfride.blog.fc2.com/tb.php/169-4a40689e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ