MY WAYS

自由気ままに色々レビュー

AD14 ジョルト

20140530 (28)
悪戯が大好きなジョルトは、仲間のオートボットに呆れられることも多い。
しかし、彼の小細工が無ければ、乗り越えられない危機があったことも確かである。
今日も彼は前線でディセプティコンたちを撹乱する。

今回はロストエイジのADシリーズよりジョルトをレビュー!

20140530 (1)
20140530 (2)
シボレー・ボルト
このAD版ジョルトは基本的にはDOTM版のリカラー。
今回よく分からないカラーだったDOTM版から一転劇中どおりの青色に変更されました。
やっぱりジョルトは青ですね!

20140530 (3)
DOTMの金型を使用している関係上ボンネットとルーフに網目があるのが気になりますが、塗装も細かく質感はとても良い感じ。

20140530 (4)
リカラー元のDOTM版と

20140530 (5)
では、トランスフォーム!
ただのリカラーなので変形はDOTM版から変わらず。
細かくタイトめですがパーツ移動が面白い変形。

20140530 (8)
20140530 (9)
ジョルト ロボットモード
猫背で逆関節気味な実写らしい異形感漂うロボットモード。
大きく後ろに突き出た羽もカッコいい!

20140530 (10)
20140530 (11)
顔周り
今までのジョルトとはかなり違う塗装パターンになっていますね。
つぶらな瞳は相変わらず。
今回も目は塗装されているので集光ギミックはナシ。

20140530 (12)
胸周り
この部分はほんと面白い構造です。

20140530 (14)
20140530 (13)
腕や脚
どちらも異形感のあるスタイルですね。
腕の爪部分が銀に塗装されているのが非常にナイス!

20140530 (15)
そして武器には新規造形のエレクトロウィップが付属しています。
DOTM型待望の鞭ですね!

20140530 (6)
エレクトロウィップは5mmジョイントなのでビークルのルーフに取り付けておくことも出来ます。

20140530 (16)
DOTM版と比較
グレーから青に変更されたことでボディが締まって見えます。
ライトブルーの箇所も増えて、より電気っぽさが増していますね。

20140530 (7)
ROTF版とも比較
リベンジカラーといってもロボットモードだと配色が結構異なるのであまりイメージは被りませんなー。

20140530 (17)
では可動の話

20140530 (18)
本体はリカラーですのでもちろん可動域には変化はありませんw

20140530 (24)
独特な構造の肘関節も相変わらずですねー。可動の広さも安定しています。

20140530 (23)
脚の方ももちろんDOTM版から可動は変わらず。

20140530 (19)
脚があまり上がらないのと膝の位置が高いのが気になりますが、逆関節気味なのにわりと素直に動かすことが出来ます。

20140530 (20)
ただ、今回のジョルトは脚の関節渋みがかなり微妙…

20140530 (26)
まず股間節が非常に緩く、開封状態だと素立ち以外厳しい状態。
それに対して膝がかなり固いので開封状態では可動や変形が非常にやりにくいです。

20140530 (25)
そのままではあまりにも遊びにくいので、自分は股間節にはビニールを噛ませて、膝にシリコンスプレーを吹いて調整しました。
お陰でかなり遊びやすくなりましたがクリアパーツの股間節が既に白化しているのでちょっと怖いですねぇ…
関節の調整に関しては皆様自己責任でお願いします()

20140530 (27)
カラーリングが完璧と言ってもいいレベルなだけにこの関節のバランスだけが本当に残念。

20140530 (29)
以上、ロストエイジよりジョルトのレビューでした。
DOTM型待望の劇中カラーに加えて劇中準拠の新規武器!塗装も綺麗で見栄えは中々に仕上がっています。
本当に脚関節がしっかりしていれば文句なしだった…!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tfride.blog.fc2.com/tb.php/227-8d2e382f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ