MY WAYS

自由気ままに色々レビュー

S.H.フィギュアーツ(真骨彫製法) 仮面ライダーカブト ライダーフォーム

20141111 (30)
今回はS.H.フィギュアーツより真骨彫製法の第一弾として発売された仮面ライダーカブトをレビューです!
SHFカブトは2008年に発売されたので今回紹介するものはリニューアル版ということになりますね。

20141111 (1)
20141111 (2)
仮面ライダーカブト ライダーフォーム
骨格から造形する製法が売りなだけあり、他のフィギュアーツよりも劇中のスーツを思わせるシルエットになっています。
カブトのスーツアクターを務めた高岩さんも開発に協力しているそうで。

20141111 (3)20141111 (4)
マスク周り
スーツのイメージ通りでさすがの真骨彫です。
造形、複眼パターン等細かい仕上がり。

20141111 (11)
胸周り
胸部装甲は大きめな印象。
アーマー部のメタリックレッドで塗装されておりとても美しいです。

20141111 (7)
カブトゼクター
細かい塗り分け。
ゼクターホーンは可動するようになっています。

20141111 (5)
20141111 (6)
腕や脚
スーツ部は成型色ですがツヤが抑えられておりいい質感です。
また、このカブトの手首はいつもの関節ではなく、figmaのような棒状の軸関節になっています。

20141111 (8)
足裏

20141111 (39)
付属品はこんな感じ
交換用手首は武器持ち手二種、平手、右のみの指差し手。
手首をまとめて保管しておく用のパーツも付属していました。
武器のカブトクナイガンはガンモード、クナイモードの二種が付属。

20141111 (9)
旧版のカブトと比較
旧カブトは旧カブトで嫌いじゃなかったんですが、こうして比べてみると2体の差がすごい…

20141111 (15)
適当にポーズ

20141111 (17)
真骨彫というだけあって可動の方も工夫が感じられますね。

20141111 (16)
腰関節はすっかりお馴染みとなった引き出し式の関節が採用されています。

20141111 (12)
胸アーマーは左右の胸部、腹部がそれぞれ可動するようになっていて、ポーズにあわせて逃がすことが可能。

20141111 (14)
これによって、OPのブレーキポーズも取らせることができますね!

20141111 (21)
手首は先述した通りいつもとは違う方式なんですが、今までのものよりも明らかに動かしにくくなってしまっていて大きな不満…

20141111 (23)
股間節はスーツ感を損なわない軸式の関節が使用されています。

20141111 (26)
ただ、他の軸関節よりも自然な見た目になるように形状が特殊なものになっているのでちょっと動かしづらい印象です。

20141111 (27)
接地性はそこそこ。
全体的に凝った作りの分、もうちょっと動いてくれればなあと感じちゃいますね。

20141111 (24)
足首のアンクレットは自由に動く(外れる)ようになっており、足首の関節を隠すことなんかが出来ちゃいます。

20141111 (33)
飛び蹴りも問題なく。

20141111 (28)
自分的にカブトといえば連続して繰り出されるパンチのイメージ。

20141111 (19)
20141111 (20)
1・2・3…
ゼクターホーンが可動するのでキック前の動作もある程度再現することが可能!

20141111 (34)
ライダーキック!
特徴的な回し蹴りスタイルのライダーキックもビシッと決まります。

20141111 (31)
天を指すポーズで〆
以上、S.H.フィギュアーツより真骨彫製法仮面ライダーカブトのレビューでした。
公式で推しているだけあり、各所にこだわりを感じさせる仕上がりになっていますね!
それだけに手首のよくわからない仕様が残念です…

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tfride.blog.fc2.com/tb.php/257-e43a0f0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ