MY WAYS

自由気ままに色々レビュー

TA-08 ディセプティコン賞金稼ぎロックダウン

20150510 (21)
ロックダウンはメガトロンの支配をうけないさすらいの賞金稼ぎだ。
彼の目的は宇宙征服ではなく、「狩り」を楽しめるかどうかなのだ。
戦利品のコレクションは純粋な闘争心と戦闘力の証明なのだ。
その戦利品にはラチェットの武器も存在する。
ロックダウンとラチェット、彼らの間にいったい何があったのか…?

今回はアニメイテッドよりロックダウンをレビュー!
今月末にはアドベンチャーでリカラー品が発売されますね。


20150510 (1)
20150510 (2)
ビークルモード ヘビメタカー
ヘビメタカーという変わった名前のビークルですが要するにマッスルカー。
アニメイテッド作画の独特なデザインがよく再現されています。

20150510 (3)
各所のトゲトゲがヘビメタっぽい?

20150510 (26)
では、トランスフォーム!
アニメイテッドらしい程よい変形。
変形の途中でエンジン周りのパーツを取り外します。

20150510 (4)
20150510 (5)
ロックダウン ロボットモード
長身でスラッとした体型。
ロボットモードでのみ露出する黄緑部分はラメっぽい塗装になっています。

20150510 (27)
20150510 (28)
顔周り
賞金稼ぎだけあって強面なお顔。
長い首も特徴的です。

20150510 (6)
集光ギミックはこんな感じ。
集光窓が頭頂部にあるので、よく光ってくれますね。

20150510 (7)
胸周り
劇中とは異なり、黒い四角の上にはディセプティコンイングシニアがプリントされています。

20150510 (8)
20150510 (9)
腕と脚
脚は左右で異なるデザインなのが特徴的。

20150510 (10)
変形の際に取り外したパーツを変形させて腕に取り付けることで、劇中のような鉤爪に。
EMPブラスターの銃身は取り付けの際にスプリングで自動で展開!

20150510 (25)
EMPブラスターはラチェットなどにも取り付けが可能。

20150510 (24)
アニメイテッドラチェットと比較
ロックダウンの魅力はやはりその身長!
デラックスクラスながら、ボイジャークラスに匹敵する大きさです。

20150510 (11)
では適当にポーズ

20150510 (12)
可動に関しては全体的にクセが強いです。

20150510 (13)
肩関節は横方向の可動範囲が狭く、腕は水平まで開くことが出来ません。

20150510 (15)
そこは付け根のパネルごと動かすことで解決しますが、見栄えはちょっと悪くなっちゃうのが難点。

20150510 (23)
腕は二重関節で深く曲げることが可能。
ただ、関節の接続上、まっすぐ伸ばすことは出来ません。

20150510 (17)
股間節はボールジョイントですが、これまた横方向への動きは少しニガテ。

20150510 (19)
膝の可動は45度ほど。
物足りない可動域ですが、脚自体が長いので腿ロール等で結構見栄えは変わりますね。

20150510 (20)
足首は爪先が前後に可動するので、ポーズにあわせて調整することが可能です。

20150510 (14)
長い首は頭の部分のみが可動します。

20150510 (16)
腰は変形機構によって可動。
よく動くとは言い難い手足の可動を補ってくれていますね。

20150510 (18)
弄っているうちに慣れますが、微妙かつクセが強い可動はもう少し何とかして欲しかったなーといった所です。

20150510 (22)
以上、ロックダウンのレビューでした!
可動は決して良いとはいえませんが、一番の魅力はなんといってもこのサイズ!
デラックスクラスながらボイジャークラスに匹敵してしまう、当時でも規格外なこのサイズはいつ見てもスゴイ…

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tfride.blog.fc2.com/tb.php/280-b161cfd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ