MY WAYS

自由気ままに色々レビュー

S.H.フィギュアーツ キャプテン・アメリカ

試験期間がようやく終わり…長かった!
20150807 (41)
今回はS.H.フィギュアーツのアベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロンシリーズより、キャプテン・アメリカをレビュー!


20150807 (1)
20150807 (2)
キャプテン・アメリカ
エイジ・オブ・ウルトロンシリーズということで、当然エイジ・オブ・ウルトロンでの新しいコスチュームでの立体化。
落ち着いたカラーリングもよく再現されています。

20150807 (3)
20150807 (4)
顔周り
役者にはあまり似てませんが、しっかりとした造形で中々の雰囲気。

20150807 (9)
20150807 (10)
交換用頭部として叫び顔も付属。

各頭部の眼球パーツは取り外し可能で、目線を変えることが可能。
他に付属する左目線も含めて、右、正面、左の3方向から選択することができます。

20150807 (6)
胸周り
肩のラインが自然で良いですね。

20150807 (7)
20150807 (8)
腕と脚
肩にはアベンジャーズのマークが。

20150807 (14)
付属品一覧
交換用手首は平手2種、武器持ち手2種の4種類。

20150807 (15)
キャプテン・アメリカのトレードマークである盾。
メタリック塗装で綺麗です。

20150807 (16)
腕に取り付ける際には持ち手と一体化した手首を使用。
ジョイントでしっかり固定されているので、グラつくこともなく非常に遊びやすいです。

20150807 (12)
20150807 (13)
手に持たせる際には持ち手と盾をクリアパーツのジョイントで固定することで保持。
こちらもよく考えられたギミック。

20150807 (11)
背中への取り付けも専用のジョイントを用いて行います。
本体側のジョイントは隠しパーツによって隠されているのですが、このパーツがかなり小さいので紛失に気をつけたいところ。

20150807 (17)
ドライブと比較
マーベルアーツらしく、いつものアーツより一回りほど大きいです。

20150807 (18)
アイアンマンMk-6と比較
古いですがウチにはアイアンマン3の面々はいないので・・・w
同じマーベルシリーズということでサイズ差もありません。

20150807 (19)
では適当にポーズ

20150807 (20)
肩関節は引き出し式で、腕を大きく前に出すことが可能となっています。

20150807 (26)
関節の基部が出てくるタイプの引き出し関節は初めて触ったのですが、思いの外ガバっと出てきて中々凄いですね…

20150807 (42)
腰も引き出し式でしっかり屈むことも可能。

20150807 (24)股間節は引き出し式のボールジョイントで自由に可動。

20150807 (39)
ただ股間部分のパーツがかなり野暮ったい作りなので、ここはもう一工夫欲しかったなあと感じてしまいます。

20150807 (43)
足首は電王系やウィザード系の球体関節で、非常に高い接地性。

20150807 (36)
膝立ちは自然に決まりますね。

20150807 (37)
自分のものは腰と股間節が結構キツく、ギチギチ言っていたためシリコンスプレーを吹いてあります。

20150807 (38)
シールド武装の処理はやはり見事。

20150807 (22)
劇中とはことなる構造ですが、目立たない部分なので特に気になることもなく。

20150807 (28)
20150807 (29)
何より、どの状態でもストレスなく遊ぶことが出来る、というのが非常に大きいポイントです。

20150807 (27)
20150807 (30)
背負う用のジョイントには3mm穴が開いており、これを使うことでシールドを浮かせることも出来ますね。

20150807 (35)
シールド持ち手はジョイントの関係で手首の可動が制限されてしまうので、両手で持つポーズはギリギリな感じ。

20150807 (33)
以上、S.H.フィギュアーツよりキャプテン・アメリカのレビューでした。
造形、可動、遊びやすさとどれをとってもよく出来ていますね。
劇中での派手なアクションが印象的なキャプテン・アメリカなので、よく動くフィギュアというだけでも遊んでいてとても楽しい!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tfride.blog.fc2.com/tb.php/294-1f3d37ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ