MY WAYS

自由気ままに色々レビュー

UN-26 ディセプティコン空中諜報兵サンダーウイング

20151014 (28)
サンダーウイングは様々な時間軸から到来したトランスフォーマーの一人である。
メガトロンも認めるほどの膨大なパワーを持ち、彼の本体から発射される最強の偵察ドローンや全身に埋め込まれている沢山の武器を使いこなし、一度受けた命令を完璧に完了するまで行動を止めることのない完全主義者だ。
以前居た時間軸では、オートボットからマトリクスを奪いオプティマスプライム達をピンチに追いやったこともあったと言われている。

今月中にリデコ品が発売ということで、ユナイテッドよりサンダーウイングをレビュー!

20151014 (22)
20151014 (23)
ビークルモード 戦闘機
マーベル版コミックに登場したプリテンダーのリメイクアイテム。
旧版と同じく戦闘機に変形。
ユナイテッド後期アイテムなのでギャンディ塗装は施されず。

20151014 (26)
機首の先端は取り外して偵察ドローンに。
元玩具のアウターシェルと本体の分離合体ギミックを踏襲したギミックですね。

20151014 (25)
ドローンは特にギミックもなく、本当にただ分離するだけ。

20151014 (24)
このギミックの関係で通常時の機首がイマイチ締まらない形状なのがちょっと気になります。

20151014 (27)
トランスフォーム。
今回のサンダーウイングはプリテンダーでは無いので、普通に変形。
変形は面白みに欠ける感じ。

20151014 (20)
20151014 (21)
サンダーウイング ロボットモード
むっちりとしていて有機的なデザイン。
腰の鎧がTFには珍しく面白いですね。

20151014 (1)
20151014 (2)
顔周り
いかにも悪そうな顔つきです。

20151014 (5)
目はクリアパーツで集光ギミックが。
良い感じに光ってくれますね。

20151014 (3)
胸周り
とてもむっちり。

20151014 (4)
20151014 (30)
腕と脚
肩の黒いアーマーは軟質パーツ。

20151014 (12)
背中のミサイルランチャーは取り外して手に持たせることも可能。
また、スプリングによるミサイル発射ギミックも搭載されています。

20151014 (13)
2つの武器は合体させることも。

20151014 (6)
ユナイテッドのメガトロンと
この時期のアイテムにしては若干小ぶりです。

20151014 (11)
では適当にポーズ

20151014 (8)
可動はぼちぼちといったところですが、同時期のアイテムと比べると少ししょっぱい。

20151014 (10)
背中に翼を背負っている為、腕を後ろに回すことは出来ません。
これが結構窮屈に感じてしまいますね。

20151014 (7)
肩パーツが大きく突き出ていますが、先述の通り軟質パーツの為、干渉はほぼ気にせずに動かすことが出来ます。

20151014 (9)
とはいえ劣化等の問題もありますし、長時間ポーズをつけておくのは控えたほうがよさそう。

20151014 (17)
手首は回転させることが可能。この辺りは時代を感じますね。

20151014 (14)
股間節はボールジョイント。
腿が前後に厚さのあるデザインなので、脚を上げられるのは60~70度ほど。

20151014 (16)
足首はボールジョイントで角度を調整可能です。

20151014 (15)
爪先、かかとにあたる部分もそれぞれが前後可動するので、立たせやすいですね。

20151014 (19)
ロボットモードでもドローンは問題なく分離可能。

20151014 (18)
ドローンにはスタンド穴や引っ掛ける場所もないので、ちょっと扱いにくいです。

20151014 (29)
以上、サンダーウイングのレビューでした!
出来に感じては、良いモノが多い同時期のアイテムと比べるとどうしても劣ってしまう印象。
有機的なデザインやマニアックな元ネタは面白い分、出来には惜しく感じてしまいますねえ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tfride.blog.fc2.com/tb.php/306-e9098a14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ