MY WAYS

自由気ままに色々レビュー

S.H.フィギュアーツ(真骨彫製法) 仮面ライダーディケイド

20160325 (57)
今回はS.H.フィギュアーツより真骨彫製法の第5弾、仮面ライダーディケイドをレビュー!


20160325 (2)
20160325 (1)
仮面ライダーディケイド
シリーズ初期に発売され、再びのラインナップとなったディケイド。
真骨彫製法ということで、劇中スーツの体系が非常によく再現されています。

20160325 (3)
20160325 (4)
顔周り
少し黒のパーツが太い気もしますが、旧版と比べて格段に劇中に近い造形に。
複眼の緑は発色が良くとても綺麗。

20160325 (19)
20160325 (20)
さらに激情態の頭部も付属。
複眼の独特な形状がよく再現されています。

20160325 (5)
胸周り
黒の部分はツヤ有りとツヤ消しが使い分けられスーツのイメージ通りに。

20160325 (6)
20160325 (7)
腕と脚
マゼンタは発色の良い色で劇中イメージに近い色合いになっていますね。
肘関節も2色で色分けされています。

20160325 (11)
足裏

20160325 (8)
ディケイドライバー
DECADEの文字や10個の紋章などの細かい部分もしっかりと再現されています。

20160325 (17)
ドライバーは差し替えにより展開状態も再現。
さらに実際に後述のカードを挿入することも可能です。

20160325 (9)
左腰にはライドブッカー
ディケイドの紋章までプリントされています。

20160325 (10)
ライドブッカーは開くこともできますね。

20160325 (12)
付属品一覧
交換用手首には平手、武器持ち手、3㎜軸持ち手、カード持ち手の4種が付属。

20160325 (14)
ライドブッカーソードモード
こちらにもディケイドの紋章がプリントされていますね。

20160325 (13)
ライドブッカーガンモード
こちらも同じく。
また、ソードモードも同様ですが、裏側にはベルト取付用のダボが造形されています。

20160325 (59)
20160325 (60)
そしてディケイドには外せない、ライダーカードが付属。
開封時には写真のようにシートに張り付けられた状態に。

20160325 (16)
カードはシートから取り外してカード持ち手で持たせることが可能。
カードはアドベントカードやラウズカードのようなプラ製でとても扱いやすいです。

20160325 (56)
また、手首ジョイントの径が近いので旧ディケイドのカード持ち手を使用することも可能になっています。

20160325 (48)
旧ディケイド(激情態)と比較
体系や造形、配色など真骨彫版の進歩が一目で見て取れますね。
また、旧ディケイドが小さいこともありますが、真骨彫ディケイドは大きめ。

20160325 (47)
真骨彫シリーズの高岩ライダーと比較。
ディケイドはほぼ全身が装甲ということもありますが、結構マッシブ。

20160325 (50)
一人足りませんが、光写真館御一行で。
ユウスケ版カラーのクウガも出ないかなあ…

20160325 (54)
こちらも一人足りてませんが、Youtube配信での背景な感じで。

20160325 (55)
では適当にポーズ。

20160325 (30)
真骨彫ということで関節構造もいつも通り凝ったものに。

20160325 (18)
肩アーマーはヒンジ接続でポーズに合わせて調節することが可能。

20160325 (28)
前腕部は今まで通りロールが仕込まれており、細かい調節がしやすくなっています。

20160325 (26)
腰関節は引き出し式。

20160325 (22)
背中側のラインは非常に綺麗に繋がるようになっていました。

20160325 (24)
また、腹部分の関節はクウガやアギトから接続方法が変わり、より深く前屈したり、大きく上体を反らした動きが出来るように。

20160325 (25)
肩の引き出しは無いので、武器の両手持ちはある程度限られてしまいます。

20160325 (31)
股関節はいつも通りラインの崩れない軸式関節。

20160325 (43)
今回は響鬼のような関節カバーが使用されていて、見栄えに配慮がされていました。

20160325 (29)
腿部分のロールには3号やアイアンマン系のようにボールジョイントが使用されています。

20160325 (58)
このお陰で、軸関節ながら脚を閉じたポーズが再現できるようになっていますね。

20160325 (27)
足首は軸式関節。

20160325 (21)
可動範囲が広く、非常に高い接地性です。

20160325 (34)
激情態頭部にして。

20160325 (35)
やはりライダーを蹂躙させるのが似合いますね。

20160325 (33)
あの容赦ない戦闘スタイルは本当に印象に残ります…

20160325 (36)
キバーラと。

20160325 (38)
ディケイドの最期。

20160325 (45)
通常頭部に戻してクウガと戦闘。

20160325 (41)
そして共闘。

20160325 (51)
仮面ライダー大戦っぽく。
他のライダーと並ばせるだけで画になるのがディケイドの楽しいところ!

20160325 (32)
最後にファイナルアタックライド

20160325 (42)
ディディディディケイド!

20160325 (46)
ディメンションキック!

20160325 (52)
以上、S.H.フィギュアーツより真骨彫仮面ライダーディケイドのレビューでした!
これまでの真骨彫と異なり、筋肉表現の目立たない元デザインですが、スーツの雰囲気がとてもリアルに捉えられています。
頭部などの複雑なデザインも見事に再現されていますし、期待を裏切らない完成度になっていますね!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tfride.blog.fc2.com/tb.php/339-a31f594f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ