MY WAYS

自由気ままに色々レビュー

HGIBO016 ガンダムキマリストルーパー

20160329 (26)
今回は機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズより、HGガンダムキマリストルーパーのレビュー!


20160329 (1)
20160329 (2)
ガンダムキマリストルーパー
ガエリオ・ボードウィンが搭乗するガンダムキマリスが地上での決戦に向け装甲換装された姿。
曲線の多かったキマリスとは打って変わって直線的なデザインが印象的。

20160329 (3)
20160329 (4)
顔周り
頭部もキマリスから変更されており、ヒロイックな見た目に。

20160329 (5)
胸周り
腰はフレームそのままで非常に細いです。

20160329 (6)
20160329 (7)
腕と脚
すっきりめの腕とボリュームのある脚のバランスが素敵。
前腕の青は一部シールになっています。

20160329 (8)
リアスカートはとても巨大。
リアスカートの青部分はシールによって再現。

20160329 (12)
サイドアーマーはサブアームとして使用することが可能です。

20160329 (13)
付属品
武器のほか、クリアのスタンドや角度のついたランス持ち手が付属。

20160329 (9)
デストロイヤー・ランス
本体の大きさをゆうに越える巨大武器。
3パーツ構成ですが、大きさもあり重さはそこそこ。
安定して保持するために手首に固定する用のジョイントも備わっています。

20160329 (11)
キマリスサーベル
平らな形状が特徴的。

20160329 (10)
キマリスシールド
こちらは手のグリップと肘のジョイントで固定します。
シールドの裏側にはサーベルを収納することが出来ます。

20160329 (14)
20160329 (15)
キマリストルーパー最大のギミックとして4脚トルーパー形態に変形。
バックパックのブースターのみ差し替えになりますが、大きく変わる脚は差し替え無しで変形可能です。

20160329 (16)
構造としては実際に4脚というわけではなく、膝下が前後に展開して4脚のようになっています。

20160329 (17)
では、適当にポーズ。

20160329 (18)
最新のキットだけあり、可動も優秀ですね。

20160329 (19)
肩関節は上方向に引き出しが可能。

20160329 (24)
肘は一軸関節ですが、120度ほどまで曲げることが出来ます。

20160329 (28)
胴部分はリアクター部を軸に前後に調節が可能です。

20160329 (29)
腰部分はボールジョイントで細かい動きをつけられますね。

20160329 (34)
サブアームは基部と先端がボールジョイント接続。

20160329 (23)
他はヒンジ接続となるので向きの調整はこの部分で調節する形に。

20160329 (21)
この関節構造もあって、フレキシブルに可動とはいかないのが惜しい部分です。

20160329 (25)
とはいえ、ランスの保持をサポートしたり、武装させたりと中々使い勝手の良いギミックです。

20160329 (32)
股関節は軸式関節で広い可動域。

20160329 (33)
腰回りの装甲もすべて可動するので、脚の動きの妨げになるといったことはありませんね。

20160329 (22)
足が大きめで、足首やつま先の可動範囲が広く接地性は非常に高いです。

20160329 (20)
トルーパー形態は簡単に変形できるのでとても遊びやすいですね。

20160329 (27)
簡単な変形で大きく印象が変わるので中々に楽しいギミック。

20160329 (31)
通常形態のスタイルにも影響を与えていないのも好ポイント。

20160329 (30)
キマリストルーパーは印象的なシーンが多く動かしていて楽しいです。

20160329 (35)
以上、HGガンダムキマリストルーパーのレビューでした!
装甲パーツがすべて新規となり、キマリスから大きく印象の変わったキマリストルーパー。
組みやすいつくりになっていますし、可動やギミック面でも優秀でとても遊べるキットとなっていますね!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tfride.blog.fc2.com/tb.php/340-b448559a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ