MY WAYS

自由気ままに色々レビュー

HGIBO012 流星号(グレイズ改弐)

20160408 (34)
今回は機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズより、HG流星号(グレイズ改弐)をレビュー!


20160408 (1)
20160408 (2)
流星号(グレイズ改弐)
鉄華団の団員、ノルバ・シノが搭乗するグレイズの改修機体。
グレイズ改から装甲が一部換装されていますが、何よりもメインカラーの赤(というかピンク)が印象的。

20160408 (3)
20160408 (4)
顔周り
特徴的なノーズアートはシールによる再現。
角の先端の白もシールになっています。

20160408 (12)
20160408 (13)
頭部は展開ギミック付き。
センサーの黄色はシールですが、丸いのでどうしても汚くなってしまいます。

20160408 (5)
胸周り
フレームはグレイズフレーム。

20160408 (6)
20160408 (7)
腕と脚
肩アーマーは百錬と同じデザインに。

20160408 (10)
20160408 (11)
グレイズ改のパーツも付属しているため、一部を組み替えてグレイズ改と同じ形状にすることも。

20160408 (8)
付属品一覧

20160408 (14)
グレイズと共通の武装であるバトルアックス

20160408 (15)
こちらははサイドアーマーにマウントしておくことが出来ます。

20160408 (16)
こちらもグレイズからの装備であるライフル。

20160408 (17)
さらに新規武器として、ショートライフルが付属。

20160408 (18)
クタン参型のジョイントパーツも付属しています。

20160408 (19)
では、適当にポーズ。

20160408 (24)
関節構造はシンプルな印象を受けますが、可動は良好。

20160408 (20)
肩は引き出し構造は無いものの、スイング機構により、腕を内側に向ける動きも問題なくとらせることが出来ます。

20160408 (22)
スイングのほかにも多重関節のおかげで可動の自由度はかなり高いですね。

20160408 (21)
肩アーマーは跳ね上げ式なのでポーズに合わせて、向きを調節することが可能。

20160408 (27)
胴部分はガンダムフレームと同様リアクターを軸に前後に可動のみ。

20160408 (31)
腰関節はボールジョイント。

20160408 (26)
サイドアーマーが上半身側に接続されているので、フロントアーマーに干渉してあまり捻られないのが残念。

20160408 (25)
背中のブースターは上下に動かすことが出来ます。

20160408 (28)
股関節は軸式関節ですが、腿の装甲がゴツいので、脚を大きく上げるのは苦手。

20160408 (29)
足はヒール状ですが、足首の可動が良好なので立たせにくいといったことはありません。

20160408 (30)
バトルアックスは保持が緩めなのが気になる部分。

20160408 (32)
ライフルはどちらもフォアグリップが可動するので両手持ちもさせやすいですね。

20160408 (23)
ライフルは腕の装甲に固定されるので扱いやすいのが嬉しいです。

20160408 (35)
カッコいいですが本当下品と言われても仕方ないカラーリング。

20160408 (36)
以上、HG流星号のレビューでした!
一部、装甲のデザインが変更され、シンプルにカッコいいデザインとなった流星号。
とても組みやすいですし、武装も豊富でプレイバリューの高いキットになっていますね!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tfride.blog.fc2.com/tb.php/341-edf2db8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ