MY WAYS

自由気ままに色々レビュー

HGIBO018 グレイズアイン

20160419 (31)
今回は機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズより、1期のボス機体であるグレイズアインをレビュー!


20160419 (1)
20160419 (2)
グレイズアイン
重傷を負ったアイン・ダルトンがギャラルホルンの阿頼耶識システム技術によってモビルスーツと一体となった姿。
巨体とこれまでのグレイズよりも長い手足が特徴的です。

20160419 (3)
20160419 (4)
顔周り
アンテナが増え、一気に量産機っぽくないデザインに。
センサーの赤部分はシールで再現することが出来ます。

20160419 (9)
20160419 (10)
一部差し替えにより頭部の開閉を再現することも可能。

20160419 (5)
胸周り
装甲は全て新規ですが、胴や腿などには通常のグレイズフレームのパーツが使用されています。

20160419 (6)
20160419 (7)
腕と脚
関節が二ヶ所ある腕や、異形な脚が目立ちます。

20160419 (16)
付属品一覧
交換用手首に握り手が付属。

20160419 (12)
付属品の写真に入れ忘れてしまいましたが、メイン武器の専用大型アックスが2本付属。
グレイズアインに合わせて、これまでのグレイズのバトルアックスよりも大きく造形されています。

20160419 (8)
アックスはバックパックにマウントさせることも出来ます。

20160419 (39)
バックパックは可動するため、抜き取る動作も再現可能。

20160419 (11)
肩の機関銃は肩パーツを展開し、銃パーツを差し込む形。

20160419 (24)
足首は差し替えで爪を閉じた状態にすることも。

20160419 (13)
20160419 (14)
腕のパイルバンカーはスライド可動させることが可能。

20160419 (15)
グレイズ一般機は未所持なので、流星号と比較。
同じHGシリーズながらこの身長差。

20160419 (17)
では適当にポーズ。

20160419 (18)
可動は優秀ですね。

20160419 (19)
腕や脚は長い分、関節も増やされており幅の広い可動域。

20160419 (20)
胴部分のフレームはグレイズと共通なので、肩のスイング機構も搭載されています。

20160419 (21)
肩アーマーは多少上下に動き、ポーズに合わせて調整することも。

20160419 (29)
胴の可動もリアクターを軸に前後に動くいつもの鉄血系の構造。

20160419 (23)
劇中で印象的なドリルキックも差し替えによりしっかり再現できるのは嬉しい部分ですね。

20160419 (25)
腰関節はボールジョイント。

20160419 (35)
他のグレイズのようなサイドアーマーが無いため、干渉を気にせず自由に動かすことが可能となっています。

20160419 (26)
頭部の開閉ギミックは簡単なものですが、機体の印象がガラッと変わるのが面白いですね。

20160419 (28)
股関節は軸式関節。

20160419 (27)
股関節はリアスカートがサイドまで伸びてきているため、脚を開いたときに干渉しやすいのが少し怖いです。

20160419 (32)
膝は他の物と同じく二重関節。

20160419 (38)
さらに、足首も二重関節で非常に高い接地性を持ちます。

20160419 (33)
足の爪は4本すべて固定なので、非常に立たせやすいですね。

20160419 (22)
安定性が高いお陰で、ドリルキックもスタンド無しで可能。

20160419 (30)
劇中で動きまくりだっただけに可動範囲が広いのは嬉しいです。

20160419 (37)
劇中通りの大ボリュームながらも他のキットと値段が変わらないというのもスゴい。

20160419 (34)
以上、HGグレイズアインのレビューでした!
なんといってもHGシリーズとは思えない巨体が魅力的!
コストや重量的な点からか簡素な部分もいくつかあるものの、それを補って余りあるボリュームです。
可動も良く、付属品も要所が抑えられていて、劇中の印象的なアクションもしっかりと再現出来る点も嬉しいですね!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tfride.blog.fc2.com/tb.php/342-5f320262
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ