MY WAYS

自由気ままに色々レビュー

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダースペクター

20160526 (44)
今回はS.H.フィギュアーツより、仮面ライダースペクターをレビュー!


20160526 (1)
20160526 (2)
仮面ライダースペクター
現在放送中である仮面ライダーゴーストの二人目のライダー、スペクターがフィギュアーツに登場。
基本的にゴーストの色違いなので、体系なども自然になっています。

20160526 (5)
20160526 (6)
顔周り
眉間にしわを寄せたような顔。
色が薄かったゴーストに対して、スペクターは全体的に色が濃いめ。

20160526 (7)
胸周り
胸部分はゴースト同様薄いクリアパーツが被せられています。
パーカーとスーツ部分の質感の違いなども良く再現されていますね。

20160526 (36)
下した状態のフードは硬質パーツ。

20160526 (4)
20160526 (3)
腕と脚
全身の心電図のような模様も綺麗にプリントされています。

20160526 (37)
足裏
紋章の角はしっかり二本に。

20160526 (8)
ゴーストドライバー
こちらも眼魂のプリントがスペクターアイコンになっている以外はゴーストと共通。

20160526 (9)
クリアパーツが外せる点も変わりませんね。

20160526 (20)
付属品。
交換用手首は平手に交換用手首が2種の計3種類。

20160526 (14)
20160526 (13)
フードを被せるギミックもゴーストと共通で差し替えとなっています。

20160526 (10)
専用武器のガンガンハンド。まずはロッドモードから。
ガンガンハンドは劇中よりもかなり大振りにアレンジされていますね。

20160526 (11)
続いてガンモードは差し替え無しの変形で再現可能。
武器持ち手もロッドモード、ガンモードそれぞれに合わせたものが付属。

20160526 (15)
ゴーストと比較
顔以外の造形は共通なものの、全身のプリントなどで良く差別化されています。

20160526 (39)
そして、初回特典としてフィギュアーツサイズの5つの眼魂が付属。
左から眼魔眼魂(深海カノン)、スペクターゴースト眼魂、ノブナガゴースト眼魂、ツタンカーメンゴースト眼魂、エジソン眼魂。
小さいながら、造形塗装共にかなりしっかりしたつくり。

20160526 (30)
眼魂は平手や武器持ち手などでスペクターに持たせることも可能。

20160526 (12)
では適当にポーズを。

20160526 (27)
先述の通り、頭部以外はゴーストと共通なため可動もそちらに準じたものに。

20160526 (18)
マッシブや造形や、パーカーを着込んでいる関係から動かしにくいのは変わりません。

20160526 (16)
肩は関節を引き出すことが出来るようになっているため、ポーズに合わせて調節が可能。

20160526 (26)
袖のベルトが干渉しやすいため、腕を広げる動きが苦手です。

20160526 (21)
腕を動かす際は、動きに合わせて腕側のパーカーパーツを肩に被せるようにしたり、内部に入れるようにしたりと工夫が必要。

20160526 (45)
ただ武器的にゴーストほど肩回りの窮屈さは気にならないかなという印象が。

20160526 (29)
ゴーストで異様に固かった胴回りの関節は、少し緩めになっており、かなり動かしやすくなっています。
それでもまだまだ固いですが…w

20160526 (22)
ポンプアクションでガンモード。

20160526 (23)
関節が動かしやすくなったとはいえ、ドライバーとパーカーが干渉してしまう部分はどうしようもないので、あまり大きく動きをつけられないのが変わらず。

20160526 (25)
ガンガンハンドは大きく長いので、手首の関節が重さに負けてしまうこともしばしば。

20160526 (24)
股関節は引き出し式のボールジョイント。

20160526 (19)
腿関節もボールジョイントでポーズに合わせた微妙なシルエットの調整も可能です。

20160526 (32)
ゴーストと戦闘。

20160526 (31)
「お前は甘い」
特典の眼魂は結構遊びの幅が広がる嬉しい小物。

20160526 (41)
足首は軸式関節ですが、接地はそこそこ。

20160526 (43)
ガンガンハンドで拘束。
ガンガンハンドはやはり大きすぎて扱いにくい印象…

20160526 (33)
和解して同時変身。

20160526 (34)
そして共闘。
基本的なデザインが共通なので、並べた時もとてもしっくりきます。

20160526 (42)
ちなみに今回のスペクターはゴーストと異なりブラックライトには反応しないとのこと。

20160526 (40)
ゴーストとは戦わせることも並べることも出来るので、ゴースト共々遊びの幅が広がります。

20160526 (35)
グッと構えてダイカイガン!

20160526 (28)
オメガドライブ!

20160526 (38)
以上、S.H.フィギュアーツより、仮面ライダースペクターのレビューでした。
ゴーストと同様、デザインの都合で可動が優秀とは言えないのが惜しい部分。
色の濃さも少し気になりますが、造形や塗装のレベルは非常に高いものとなっており、見栄えの点ではほぼ申し分なしな出来!
ゴーストとも色々な形で絡めることが出来、遊びの幅も広くとても高い満足度です!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tfride.blog.fc2.com/tb.php/345-c4d719d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ