MY WAYS

自由気ままに色々レビュー

S.H.フィギュアーツ アイアンマン マーク46

20160628 (38)
今回はS.H.フィギュアーツのシビル・ウォーシリーズより、アイアンマン マーク46をレビュー!

そろそろ公開終了している劇場も少なくないので、写真が少々ネタバレ気味ですが気になる方はご注意ください。


20160628 (1)
20160628 (2)
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカに登場しているトニー・スタークが着用するアイアンマンスーツの最新型、マーク46がフィギュアーツにキャプテン・アメリカに続いてフィギュアーツに登場。
マーク43とマーク45のデザインがミックスされたようなデザインが特徴的です。

20160628 (5)
20160628 (6)
顔周り
眉間にしわを寄せたようなディティールが特徴的なマスク。
目は装甲の塗装が透けて赤っぽく見えてしまっています。

20160628 (7)
胸周り
胸のアークリアクターは装甲で部分的に覆われたデザイン。
マーク46の特徴である、全身に設けられた小型のリアクターはメタリックブルーの塗装が施されています。

20160628 (8)
背面
今までのスーツよりも塗り分けが細かいデザインで、見ごたえのあるものになっていました。
エアフラップなどのギミックはありません。

20160628 (3)
20160628 (4)
腕と脚
手甲パーツのデザインが劇中とは異なる雰囲気なのが少々気になる部分。
全身のメタリックレッドと金の塗装は劇中に合わせ、マーク45などよりも濃い色合いに変更されています。

20160628 (11)
付属品一覧。
交換用手首はいつも通りの平手、手刀手、ダボ付き手の3種。
マーク45同様に手甲パーツは手首パーツ側に接着されていました。

20160628 (12)
20160628 (13)
エフェクトパーツはいつも通りで掌用が2組。

20160628 (14)
そして足用の1組が付属しています。

20160628 (9)
マーク45と比較
デザインの変化や色の変更がよくわかりますね。

20160628 (10)
キャプテン・アメリカ(シビル・ウォー)とも
サイズはもちろん変わりません。

20160628 (15)
では、適当にポーズ。

20160628 (16)
関節構造はマーク45と同様ですね。

20160628 (23)
肩関節は軸ごと引き出すことが可能。

20160628 (30)
マーク45よりも引き出しの範囲が広がっており、動かしやすくなっています。

20160628 (18)
腰は引き出し機構は無く単なるボールジョイント。

20160628 (39)
パーツのクリアランスに余裕があるのでこちらも動かしやすくなていますね。

20160628 (28)
ただ、その分マーク45ほど綺麗なラインになっていないのが残念な部分。

20160628 (22)
サンプル品の時点では股間パーツにギミックがある様子でしたが、製品版では結局オミットされてしまったようです。

20160628 (17)
股関節は引き出し式のボールジョイント。

20160628 (31)
腿はかなり太いですが、しっかり膝立ちも可能ですね。

20160628 (29)
ただ、股間のパーツの形状的に、脚を高く上げすぎてしまうと腿に傷が入ってしまうので、ここは注意しながらになります。

20160628 (24)
腿部分はボールジョイント接続でポーズに合わせて細かな調整が可能。

20160628 (27)
足首はいつも通りダイキャスト製。

20160628 (26)
安定して立たせることが出来ますね。

20160628 (19)
足首は軸式なので接地も良好。

20160628 (21)
踵には脛の方から伸びた装飾があるため、足を伸ばす動きは少し苦手。

20160628 (25)
劇中ではやってませんが床パン。
床パンはマーク45よりもやりにくく、大きく脚を広げた状態でなんとかといった感じ。

20160628 (32)
キャプテン・アメリカと絡めて

20160628 (40)
やはり2体絡めると遊びの幅が広がります。

20160628 (33)
やはりキャップが無表情なので少し絡めにくいですね…

20160628 (34)
「ぶちのめすぞ」

20160628 (35)
劇中ではキャップとアイアンマンを対等に戦わせる状況作りがとても巧妙でしたね…

20160628 (37)
以上、S.H.フィギュアーツより、アイアンマンマーク46のレビューでした。
造形面やスタイルの美しさなど見栄えに関してはマーク45よりも劣ってしまっているのが惜しいところですが、可動の方では全体的に動かしやすく調整されており、劇中での肉弾戦の多さにもしっかり対応。
お陰でキャプテン・アメリカとの壮絶な殴り合いも再現させやすくなっていますね!
アイアンマンはこれからも精力的に発売されていくようですが、周辺キャラの展開の方にも期待したいですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tfride.blog.fc2.com/tb.php/351-d18eb87e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ