MY WAYS

自由気ままに色々レビュー

UW-07 コンバットロン合体兵士ブルーティカス

20160821 (27)
人類が戦争で使用した兵器の残骸より誕生したコンバットロン達、その頭脳は刑務所に収監されていた政治犯のパーソナルコンポーネントから構成されており、凶悪かつ最強の兵士としてメガトロンからも気に入られている。
「オンスロート」を中心に、右腕は「ブレストオフ」、左腕に「ボルター」、右脚は「スィンドル」、左脚に「ブロウル」が合体する事により、強力な合体兵士「ブルーティカス」は完成する。
重厚な装甲はあらゆる弾丸を弾き、そのパワーは片腕で巨大な鉄橋を粉々に破壊する事が出来る。

今回はユナイトウォリアーズより、コンバットロンの合体形態であるブルーティカスをレビュー!


20160821 (1)
まずはコンバットロン全員のビークルモードから。

20160821 (2)
こう見ると兵器の中にスペースシャトルというのは結構不思議なセレクト…

20160821 (3)
ロボットモードでも。

20160821 (4)
全員しっかり異なるイメージにまとめられていますね。

20160821 (5)
20160821 (6)
オンスロートの胴形態
ホットスポットのリデコなので、合体形態もそちらに準じたものに。
とはいえ、目立つ部分のリデコや、一部変形の変更などでホットスポットとは異なるイメージになっています。

20160821 (7)
20160821 (8)
顔周り
アニメイメージな銀と白のカラーリング。
大きい目で若干愛嬌のある顔つきもいいですね。

20160821 (9)
20160821 (10)
ブレストオフの腕形態
すらっと細めのシルエット。

20160821 (34)
20160821 (35)
ブレストオフの脚形態
足は少し野暮ったい感じ。

20160821 (45)
20160821 (46)
ボルターの腕形態
G1イメージを踏襲してローターは展開したままに。

20160821 (36)
20160821 (37)
ボルターの脚形態
説明書ではローターはロボットモードのように限界まで畳むよう指示されていますが、今回のレビューではロボットモードと同様の理由で少し開いた状態で進めていきます。

20160821 (11)
20160821 (12)
スィンドルの腕形態
ビークルがビークルなので太めのシルエット。

20160821 (15)
20160821 (16)
スィンドルの脚形態
腕と脚どちらも、手足パーツがメインカラーと同じなのでこれまでの手足組とは異なるイメージ。

20160821 (13)
20160821 (14)
ブロウルの腕形態
流石に戦車だけあり、手足組の中でも一番たくましい雰囲気です。

20160821 (17)
20160821 (18)
ブロウルの脚形態
スィンドル同様、手足パーツの色の関係で今までとは異なる印象。

20160821 (43)
20160821 (44)
コンバットロン合体兵士 ブルーティカス
メインの配置では細い腕とたくましい脚という体型に。
変形が変更になった関係で、ガーディアンより安定感は落ちてしまっています。

20160821 (38)
20160821 (39)
腕と脚を入れ替えて。
メインの配置からシルエットが大きく変わりました。
スクランブル合体ギミックが搭載されているため、手足のメンバーはこのほかにも自由に入れ替えることが可能ですね。

20160821 (19)
今までのUWでは、手足の付け替えの際には合体ジョイントのストッパーを押すだけで簡単に付け替えが出来るようになっていましたが、今回は腕を合体させる際には胸パーツを一度展開する必要が。
サクサク合体ギミックを楽しめる点がUWシリーズの大きなポイントだと感じていたので、個人的にここがとても残念…

20160821 (20)
説明書に記載はありませんが、背中の砲塔は取り外して合体させ、武器とすることも。

20160821 (22)
ガーディアンと比較
共通のパーツは割と多いんですが、しっかり印象が変えられているのが分かります。

20160821 (21)
合体ジョイントはもちろん共通であるため、手足を丸々入れ替えることも。
ガーディアンのほかにも、UWシリーズのスクランブル合体ギミックを持つTFならば、自由に組み合わせることが可能です。

20160821 (24)
では、適当にポーズ。

20160821 (25)
合体戦士ながら、各部はしっかりと可動。

20160821 (29)
頭部はボールジョイントになっていました。

20160821 (31)
可動域はあまり広くないのですが、ガーディアンが軸関節だったこともあり結構驚いた部分。

20160821 (32)
ブレストオフの腕形態は固定が外れやすいと話題になっていましたが、ブレストオフの脚部にあたる部分の内部のヒンジパーツをしっかり押し込んでやれば、それほど気になりませんでした。

20160821 (40)
というかブレストオフに限らず、同じ脚部構造のスィンドルやブロウルも腕形態では他のメンバーよりも固定が外れやすいので、構造上の問題のような気も。

20160821 (41)
ガーディアンで気になった腿の固定の甘さは改善されて遊びやすくなっていました。

20160821 (42)
腰パーツは上から被せるタイプなので、どうしても動かしたときに違和感が。

20160821 (30)
肩部分の変形が変更になった関係で、肩は位置が少し前寄りになってしまい、重心も前寄りに。
素立ちで安定性が微妙になったのもこの影響ですね。

20160821 (26)
また、腕も長く見えるようになってしまっている点も残念。

20160821 (28)
シルエットに変化をつけるための変形の変更だとは思うのですが、個人的にはデメリットの方が多く、変える必要はあったのかなあと感じてしまいます。

20160821 (23)
UWシリーズはガーディアン以降、限定が続いていましたが、まさかこのタイミングで再び一般販売されるとは…

20160821 (33)
以上、ユナイトウォリアーズよりブルーティカスのレビューでした。
ブレストオフやボルターのローターなど、新造によって海外版からG1のイメージにグッと近付けられた点はとても魅力的!
しかし、その新造部分をはじめ、詰めの甘さを感じる点が多いというのも正直なところであり、残念に感じる部分ですね…

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tfride.blog.fc2.com/tb.php/359-c5ad03fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ