MY WAYS

自由気ままに色々レビュー

LG21 地上攻略員ハードヘッド

20161114 (40)
重装甲のハードヘッドはパワー自慢のファイターだ。
重武装な見かけに反して性格はおだやかで自然を愛する戦士だが、ひとたび彼を怒らせると肩のハードキャノンが火を噴く事になる。
パートナードローンのタンケッテは専属の秘書の様に常にハードヘッドに寄り添うやさしい性格だが、その火力はハードキャノンに匹敵するらしい。

今回はトランスフォーマーレジェンズより、ヘッドマスター戦士のハードヘッドをレビュー!


20161114 (21)
20161114 (22)
まずはヘッドマスターから。
G1版ではロスという名前がついていましたが、今回は他のLG版ヘッドマーク同様に名前は特になし。

20161114 (23)
構造は他のヘッドマスターと共通で、頭部と肩がボールジョイント、両脚が一体成型で股関節と膝が軸により可動。

20161114 (24)
20161114 (25)
ヘッドモード。
海外版では玩具イメージのマスク顔でしたが、LG版ではアニメ準拠のデザインに。

20161114 (26)
正面から
個体差かもしれませんが、塗装精度が少し気になりました。

20161114 (1)
20161114 (2)
トランステクターに移って、ビークルモードの高速戦車。
最近のアイテムらしく、かなりG1に忠実なデザインです。

20161114 (4)
20161114 (5)
コクピットや主砲は展開してヘッドマスターを搭乗させることができます。

20161114 (7)
クローラー周りにはジョイントがあり、ヘッドマスターを立たせることが可能。

20161114 (3)
薄い戦車というあまり見かけない面白いビークル。

20161114 (6)
二ヶ所にヘッドマスターを搭乗させることが出来るので他のヘッドマスターを組み合わせた遊びが楽しいですね。

20161114 (8)
主砲の5㎜ジョイントには付属の武器を取り付け可能です。

20161114 (9)
20161114 (10)
ここでパートナードローンのタンケッテへ。
海外版では単品ヘッドマスターの同梱品でしたが、LG版では一部のデラックスクラスに付属する形に。

20161114 (11)
左右の砲塔はそれぞれ独立して可動します。

20161114 (12)
後部にはヘッドマスターを搭乗させることが可能。

20161114 (13)
20161114 (14)
タンクモードから変形させてジェットモードに。

20161114 (15)
この状態でもヘッドマスターを搭乗させることができます。

20161114 (18)
20161114 (19)
また、説明書には記載されていませんが、ヘッドマスターを合体させることも。

20161114 (17)
タンケッテはミニビークルという触れ込みだけあり小さなサイズ。

20161114 (16)
ビークルでのヘッドマスター遊びがより広がる良い付属品です。

20161114 (20)
では、トランステクターに戻りトランスフォーム。
ヘッドマスターならではの変形構造。

20161114 (27)
20161114 (28)
ハードヘッド ロボットモード
全体的にマッシブで腕が長く、ゴリラ体型っぽい感じ。

20161114 (31)
胸周り

20161114 (29)
20161114 (30)
腕と脚
茶色は胸以外成形色ですが、プラ感の薄い良い色です。

20161114 (32)
肩にはビークルの主砲が。
ビークルから微妙に位置がずれて顔に被らないようになるのが芸コマ。

20161114 (33)
主砲は5㎜ジョイントで接続されているので取り外して手に持たせることも。

20161114 (34)
武器として銃が付属。

20161114 (35)
そして、タンケッテも変形させて銃モードに。

20161114 (37)
ヘッドマスターのジョイントは共通なので、同シリーズのヘッドマスター(LG09を除く)とクロスヘッドオンすることも。

20161114 (36)
ユナイテッドのオプティマスと比較。
近年のものとしてはボリューム感があります。

20161114 (38)
では、適当にポーズ。

20161114 (39)
可動は良好ですね。

20161114 (42)
頭部はヘッドマスターギミックを持ちつつも、ボールジョイントで自由に可動。

20161114 (41)
肩は軸にボールジョイントが生えている形。

20161114 (49)
軸の根元も上下に可動しますが、微妙な位置で制限されているので少々の扱いにくさが。

20161114 (44)
また、ボールジョイントが固いので軸の調整がしにくく、軸受けが割れてしまわないか少しヒヤヒヤします。

20161114 (46)
肘は変形機構で二重関節のような構造に。

20161114 (50)
拳は可動するため表情付けに便利。

20161114 (48)
肩のキャノンは上下左右に可動。

20161114 (47)
写真を撮るときもキャノンが顔に被らないように出来るため、とても重宝する可動です。

20161114 (43)
股関節はボールジョイントで、関節もしっかりしていますね。

20161114 (45)
足は変形機構で爪先が可動し、接地の調整に一役買ってくれます。

20161114 (54)
タンケッテは簡単な作りではあるものの、ヘッドマスターを乗せられたり武器になったりと中々のプレイバリューの高さ。

20161114 (52)
タンケッテの分だけ価格も上がっているものの、このプレイバリューなら悪くないかなと感じさせてくれますね。

20161114 (51)
頭部デザインに加え配色もアニメ版準拠になっています。

20161114 (53)
以上、レジェンズよりハードヘッドのレビューでした!
配色や国内限定の新規頭部によりアニメイメージに寄せられ、玩具イメージだった海外版とは異なる方向性の仕様となっています。
また玩具としてのプレイバリューも、ハードヘッド本体に加えてタンケッテの付属により非常に高い仕上がりになっていますね!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tfride.blog.fc2.com/tb.php/370-1f651aff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ