MY WAYS

自由気ままに色々レビュー

LG39 サイバトロン光子破壊員ブレインストーム

ご無沙汰です。
20170127 (53)
スピードを生かした戦闘が得意なブレインストームが、新たなトランステクターとして選んだマシンは期待以上の性能を有していた。
ただでさえクールで早撃ちが得意な彼の切れ味が、ニューマシンによって、更に磨き上げられているようだ。
パートナーのシナプスは、高度な工作能力を有するドローンで、ブレインストームの射撃精度を高めてくれる重要な相棒だ。

今回はトランスフォーマーレジェンズより、2度目の商品化となるブレインストームをレビュー!



20170127 (58)
20170127 (18)
まずはヘッドマスター。
G1版ではストームという名前がありましたが、今回は他と同様に名前は無し。

20170127 (19)
頭部と肩がボールジョイント、股関節と膝が左右一体で前後に可動します。

20170127 (20)
今回のブレインストームはブラーのリデコ品ということで、ヘッドマスターもボディはブラーのリカラーに。

20170127 (21)
ブレインストームの発売により、ヘッドマスター4戦士が同じ規格で揃いました。

20170127 (22)
20170127 (24)
ヘッドモード
他のメンバーと同じく顔部分が国内独自で新造され、ザ☆ヘッドマスターズをイメージしたデザインに。

20170127 (23)
とはいえ、アニメ劇中ではほうれい線の目立つデザインでしたが、造形はかなり控えめ。

20170127 (11)
20170127 (12)
ヘッドマスターから離れてトランステクターへ。
ブラーがベースになっていることもあり、G1版とは異なる印象。
とはいえ、ブラーからイメージも変化させられており、デザインもカッコいいビークル。

20170127 (14)
コクピット部にはヘッドマスターを搭乗させることができます。

20170127 (15)
ブラーと異なり、ヘッドマスターを立たせるピンはありませんでした。

20170127 (16)
リデコ部の機首やウイングにより、ブラーと比べてボリュームが増しているのも良いですね。

20170127 (13)
機首下には付属の武器を取り付け可能。

20170127 (17)
リデコ元のブラーと比較。
ハイブロウのような派手なリデコはありませんが、印象は結構変えられています。

20170127 (56)
トランステクターでも4人で並べて。

20170127 (25)
20170127 (26)
ビークルの機首部分は取り外すことで、ウエポンビークルモードに。

20170127 (27)
20170127 (28)
ここで、パートナードローンのシナプスへ。
まずはエアバイクモード。

20170127 (29)
いつも通りヘッドマスターを搭乗させることが可能です。
ジョイントで固定されており、安定していますね。

20170127 (30)
20170127 (31)
変形させてオフロードビークルモードに。
この写真ではフロントウインドウに当たるパーツを上げ忘れてしまっていますが、しっかりバギーな見た目。

20170127 (32)
このモードでもジョイントを使用し、ヘッドマスターを搭乗させることが可能です。

20170127 (33)
20170127 (34)
説明書には記載されていませんが、海外版と同様にシナプスはヘッドマスターと合体させることも。

20170127 (36)
トランステクターと一緒に。

20170127 (35)
付属漫画のシナプスは今までのドローンとは随分異なる印象になっていました。

20170127 (37)
では、トランスフォーム。
変形はブラーから特に変化はなし。
シンプルながら楽しい変形です。

20170127 (1)
20170127 (38)
ブレインストーム ロボットモード
ブラーと同様にスマートでカッコいいロボットモード。

20170127 (4)
胸周り
胴の内部は空洞なので、漫画の様にミニフィギュア程度の大きさのものを入れることも可能。

20170127 (2)
20170127 (3)
腕と脚
肩部分は新造となっています。

20170127 (5)
背中にはビークルの機首パーツ。

20170127 (6)
このパーツはブラー同様に取り外して…

20170127 (7)
シールドとすることができます。

20170127 (8)
武器としてブラーにも付属した銃が付属。

20170127 (9)
シナプスは一部を変形させてウエポンモードに。

20170127 (10)
ブラーと比較。
新造のウイングによりブレインストームの方がボリューム感がありますね。

20170127 (57)
ヘッドマスター戦士の4人で並べて。
まさかこの4人が今の時代に正統派リメイクで揃うことになるとは…
LG21以降のヘッドマスターのジョイントは共通なため、もちろんこの4人でもヘッドマスターを入れ替えるクロスヘッドオン遊びが可能です。

20170127 (39)
では、適当にポーズ。

20170127 (44)
ブラーのリデコなので、関節構造もブラーから変わりありません。

20170127 (46)
優秀とまではいかないものの良好な可動域で、全体的にシンプルで動かしやすいです。

20170127 (50)
頭部はヘッドマスターギミックを持ちつつも、ボールジョイントで自由に可動。

20170127 (47)
肩はこのデザインには珍しい軸式関節。

20170127 (45)
ブラーの時はあまり気にならなかったのですが、肩回りに装飾が増えたためか動かすときに違和感を感じます。

20170127 (42)
構造上、正面以外には腕を伸ばしたまま水平以上上げることが出来ないので、シールドの銃を生かしたポーズは苦手。

20170127 (52)
肩の大きな翼は前後に動くので、ポーズに合わせて角度を調整することが。

20170127 (51)
手首は回転させることが可能で、表情付けに便利。

20170127 (43)
腰は回転させることが出来ますが、塗膜の関係かブラーに比べて固くなっており、動かしにくくなっていました。

20170127 (54)
股関節はボールジョイント。

20170127 (41)
足首は固定なので接地はそこそこ。

20170127 (40)
シナプスはカッチリしており、とても扱いやすい印象ですね。

20170127 (49)
やはりこの型はまとまりが良くてとても遊びやすいです。

20170127 (55)
以上、レジェンズよりブレインストームのレビューでした!
数年前に先駆けてリメイクされたということもあってか、先に発売されたブラーのリデコとなった今回。
ヘッドマスターの中心メンバーがリデコという点は少し残念ですが、リデコ元の出来の良さを引き継いだものに。
ドローンもとても扱いやすく、全体的にとても遊びやすいつくりとなっていますね!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tfride.blog.fc2.com/tb.php/379-b79f6465
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ