MY WAYS

自由気ままに色々レビュー

S.H.フィギュアーツ アントマン(シビル・ウォー)

20170222 (29)
今回はS.H.フィギュアーツのシビル・ウォーシリーズより、アントマン(シビルウォー)をレビュー!


20170222 (1)
20170222 (2)
自身の身体や物のサイズを自在に操るアントマンがシビル・ウォーでのコスチュームで登場。
劇中イメージ通り、他のメンバーより筋肉感の薄い体型。

20170222 (3)
20170222 (4)
顔周り
コンセプトアートを基に造形されていうようなので、劇中に比べるとゴーグルが大きめ。
銀の塗装もくすんだ感じで、全体的に単独映画のときのイメージが強いです。

20170222 (5)
胸周り
赤い部分のモールドなど細かい造形。

20170222 (6)
20170222 (7)
腕と脚
スーツは前代的にマットな質感

20170222 (9)
付属品一覧
交換用手首は平手のみ。

20170222 (10)
20170222 (11)
さらに小さくなった状態のアントマンの実寸大フィギュアが付属。

20170222 (12)
全高約15mmと非常に小さいですが、塗装も結構雰囲気があります。

20170222 (8)
チームメンバーのキャプテン・アメリカと比較。
大きさは変わりませんがキャプテン・アメリカに比べるとおとなしいスタイル。

20170222 (27)
では、適当にポーズ。

20170222 (14)
派手な装飾もなく、筋肉表現も控えめなので動かしにくさはあまりありません。

20170222 (16)
首はボールジョイント。

20170222 (22)
マスクは突き出た顎部分なども内側は空洞になっているので、上を向けた時に少しその空洞が目立ってしまう印象。

20170222 (26)
その分、顎を引く動作などは得意。

20170222 (21)
肩は引き出し式。

20170222 (24)
腰も引き出し式で深く屈むことが出来ます。

20170222 (13)
股関節は引き出し式のボールジョイントで脚が上がるのは90度ほど。

20170222 (15)
膝立ちは問題ありませんが、スーパーヒーロー着地は肩の引き出しを使って何とかという感じ。

20170222 (17)
腿部分にはボールジョイントがあり、ロールに加えて脚の向きの細かな調整が可能。

20170222 (20)
足首は軸式関節で接地性も高いです。

20170222 (19)
足首横までパーツが伸びていますが、軟質素材なので特に可動は影響しませんね。

20170222 (28)
キャップと絡めたり。
シールドは引っ掛けているだけです。

20170222 (23)
ジャイアントマンっぽく。

20170222 (18)
流石に身体のラインの色が変わるギミックなどはありません。

20170222 (30)
以上、S.H.フィギュアーツよりアントマン(シビル・ウォー)のレビューでした!
単独映画からシビル・ウォーの流れで初のフィギュアーツ化と非常に嬉しいタイミングだったアイテム。
劇中との微妙なデザインの違いは気になりますが、シンプルで扱いやすく仕上がっていますね!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tfride.blog.fc2.com/tb.php/384-afdb5873
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ