FC2ブログ

MY WAYS

自由気ままに色々レビュー

S.H.フィギュアーツ(真骨彫製法) 仮面ライダーキックホッパー

緑の物が続いてますね。
20170925 (35)
今回は真骨彫製法により再びS.H.フィギュアーツ化され、魂ウェブ商店にて発売された仮面ライダーキックホッパーをレビュー!


20170925 (1)
20170925 (2)
仮面ライダーカブトに登場するキックホッパーが9年ぶりにフィギュアーツに。
以前発売されたものに比べ、劇中イメージにより近い造形に。
ただ、真骨彫初弾のカブトがベースになっているので細身な印象。

20170925 (9)
20170925 (10)
顔周り
真骨彫シリーズだけあって頭部は流石の再現度。
側面のバッタの脚などシャープに造形されています。

20170925 (8)
胸周り
劇中スーツと比べるとボリューム不足な印象。
メタリックグリーンの塗り分けはしっかり。

20170925 (3)
20170925 (4)
腕と脚
腕と下半身は基本的にカブトそのまま。

20170925 (5)
左脚にはジャッキ。
塗装されていますが、塗膜が薄めで成形色が浮き出ているのが気になる点。

20170925 (6)
ジャッキは可動も再現されています。

20170925 (7)
足裏。

20170925 (11)
ホッパーゼクター
造形、塗り分け共に細かい再現。

20170925 (13)
ベルトの底面にはZECTマークが。

20170925 (12)
ゼクターは取り外しが可能。

20170925 (14)
ゼクターはパンチホッパーの面も綺麗に塗装されており、ベルトにもこちらを表に取り付けることも可能。

20170925 (16)
ライダージャンプ状態はゼクターごと差し替えで再現。

20170925 (15)
付属品一覧。
交換用手首は平手と3㎜持ち手の2種類。
カブトとガタックの手首は軸式関節でしたが、今回からいつもの球体関節に変更されています。

20170925 (17)
以前のキックホッパーは未所持なので真骨彫のカブトと比較。

20170925 (37)
では、適当にポーズ。

20170925 (25)
可動については先述の手首以外はカブトと共通。

20170925 (19)
カブトが真骨彫初弾ということもあり、近年の真骨彫よりも一般のフィギュアーツに近い印象です。

20170925 (21)
印象的なキックアクションについてはしっかりこなしてくれますね。

20170925 (36)
頭部はボールジョイントで良く動き、印象的な俯いたポーズも問題なく。

20170925 (23)
他の真骨彫と同様に肩の引き出しは無し。

20170925 (22)
手首はいつもの球体関節になったことで、カブトよりも格段に動かしやすくなりました。

20170925 (24)
腰関節には引き出し機構。

20170925 (27)
反る動きがほとんど出来ない構造になっているのが気になりました。

20170925 (18)
股関節は軸式関節。

20170925 (33)
股関節と腿パーツの分割形状的に微妙に動かしにくい点はそのまま。

20170925 (34)
足首も軸式関節で接地性もそこそこ。

20170925 (26)
発売前に色々言われていた頭の大きさですが、立ち姿だと思ったほど気にならないかなという印象。

20170925 (28)
ライダージャンプ。

20170925 (38)
胴回りのボリューム不足が頭が大きく見える原因のようで、屈んだりすると頭の大きさが気になってしまいます。

20170925 (30)
ライダーキック!

20170925 (29)
スタッフブログの試作品での塗装エラーが解消されていたのは安心でした。

20170925 (32)
カブト、ガタックと。

20170925 (31)
トリプルライダーキック!

20170925 (20)
以上、S.H.フィギュアーツ真骨彫製法より仮面ライダーキックホッパーのレビューでした。
3年前のカブトがベースとなっていることもあり、近年の真骨彫と比べると細さが気になるスタイル。
とはいえ、造形レベルは以前のフィギュアーツから格段に進歩しており、カッコよく仕上がっていますね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tfride.blog.fc2.com/tb.php/404-12e871f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)