FC2ブログ

MY WAYS

自由気ままに色々レビュー

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアマゾンネオ

20171203 (30)
今回はS.H.フィギュアーツより、仮面ライダーアマゾンネオをレビュー!


20171203 (1)
20171203 (2)
Amazonプライムビデオにて配信されている「仮面ライダーアマゾンズ シーズン2」よりアマゾンネオがフィギュアーツに登場。
オメガやアルファとも異なるメカニカルなデザインが特徴的です。

20171203 (3)
20171203 (4)
顔周り
アルファ系の顔の上からメットを装着したようなデザインの頭部。
バイザーはもちろん、その下の複眼もクリアパーツによる造形。

20171203 (5)
胸周り
メカニカルな装甲はマットなシルバーで塗装されています。
脇腹部分の色分けが再現されていないのが残念。

20171203 (6)
背中のヒレは軟質素材となっていました。

20171203 (8)
20171203 (9)
腕と脚
左腕にはネオアマゾンズレジスター。
脚は細いのが少し気になります。

20171203 (7)
ネオアマゾンズドライバー
中心部分はクリアパーツに。

20171203 (10)
付属品一覧
交換用手首は2種類の平手。
今回紹介するのは通常版ですが、Amazon限定版には変身時をイメージした魂EFFECT STEAMが付属します。

20171203 (11)
アマゾンネオブレードは肘から下を丸ごと差し替えて装備。

20171203 (12)
アマゾンオメガ、アマゾンアルファと比較。

20171203 (13)
では、適当にポーズ。

20171203 (37)
関節構造はオメガやアルファと同様。

20171203 (18)
アゴが干渉しやすく、顎を引く動きは苦手。

20171203 (17)
肩はわずかながら軸を引き出すことが可能。

20171203 (15)
肩アーマーはいつものヒンジ接続。

20171203 (16)
肘の可動は90度ほど。

20171203 (19)
前腕にはロールがあり、ヒレの位置を調節することが出来ます。

20171203 (14)
腰は引き出し関節。

20171203 (20)
ただ、腰を引き出した状態で回転させると、胸と干渉して腹パーツが削れてしまうので注意。

20171203 (21)
ブレードローディング。

20171203 (22)
腹パーツの可動域はあまりですが、腰の引き出しでしっかりカバーされているなと。

20171203 (23)
腹部分の関節は開封状態だと異様に固く、自分はシリコンスプレーを吹いて調整してあります。

20171203 (24)
股関節は引き出し式のボールジョイント。

20171203 (26)
腿のロール部はボールジョイントで、こまかな角度の調節が可能。

20171203 (25)
膝当ては非常に外れやすいのがストレスでした。

20171203 (29)
アーツには珍しく、脛アーマーもロールが可能に。

20171203 (27)
おかげで、ヒレを逃がして膝を深く曲げられるようになっていますね。

20171203 (28)
膝の可動はオメガやアルファで惜しく感じた点だったので嬉しい処理。

20171203 (33)
オメガと絡めて。

20171203 (31)
足首は軸式関節。

20171203 (32)
他のアマゾンズ系と比べて足首の可動は狭まっているのが残念でした。

20171203 (35)
クローやニードルが補完されることはなさそうですが、劇中でも一回きりの武装ですし仕方ないかな。

20171203 (36)
ブレードの差し替え機構は思いの外扱いやすかったです。

20171203 (38)
以上、S.H.フィギュアーツより仮面ライダーアマゾンネオのレビューでした!
肘や足首など気になる部分も多少はありますが、腰の引き出し機構に脛のロールなど、去年のオメガから進歩を感じる構造となっていますね。
造形もしっかしりており、特にこのサイズでバイザー機構が再現されているのは見事!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tfride.blog.fc2.com/tb.php/410-88985b04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)