FC2ブログ

MY WAYS

自由気ままに色々レビュー

S.H.フィギュアーツ(真骨彫製法) 仮面ライダージョーカー

20171220 (38)
今回は真骨彫製法として再びS.H.フィギュアーツで立体化された、仮面ライダージョーカーをレビュー!


20171220 (1)
20171220 (2)
仮面ライダーWに登場する仮面ライダージョーカーが真骨彫製法にてリニューアル。
旧版は魂フェスティバル2010の限定品として発売されましたが、今回は魂ネイション2017の開催記念品として限定発売。
現在、後日販売が魂ウェブ商店にて受注中です。
モノ自体は基本的に真骨彫Wと同じ造形でクオリティの高さも変わらず。

20171220 (6)
20171220 (7)
顔周り
Wから変わらず特徴的な複眼パターンが再現されています。
アンテナの細さも同様で、注意して取り扱うよう取説に記載されていました。

20171220 (8)
胸周り
ジョーカーのメモリ1本で変身しているということで、中央のラインもなくなり胸も左右対称の造形に。

20171220 (13)
サイクロン側にあった背中のマフラーも無くなっています。

20171220 (3)
20171220 (4)
腕と脚
全体にツヤ消し処理が施されており、高級感が。

20171220 (5)
足裏

20171220 (9)
ロストドライバー
細かい塗装と造形で、ガイアメモリのプリントも再現。
メモリの端子はT2の水色ではなく金色でした。

20171220 (10)
ドライバーの可動やメモリの取り外しギミックはWから変わらずです。

20171220 (11)
付属品は交換用手首のみ。
交換用手首にはWに付属した平手、メモリ持ち手、持ち手、表情つき手首の5種に加えて、指を大きく開いた平手が付属。

20171220 (12)
サイクロンジョーカーと比較
基本的な造形はほとんど変わりませんが、色だけで随分印象が変化。
黒いボディの影響か、ベルト位置が高めなのがWの時よりも気になります。

20171220 (16)
では、適当にポーズ。

20171220 (14)
関節部についてもWとの違いは無し。

20171220 (19)
真骨彫だけあって関節構造も凝ったつくりに。

20171220 (21)
首周りはスッキリしているので干渉など気にせず動かすことが。

20171220 (22)
肩アーマーはヒンジ接続。

20171220 (20)
他の真骨彫と同じく、肩の引き出し機構は搭載されていません。

20171220 (27)
胸アーマーは内側に回転するようになっていますが、可動にはあまり影響せず。

20171220 (17)
その為、腕が胸に干渉してしまうので、変身時のJのポーズなど腕を交差させるような動きは苦手。

20171220 (25)
腰関節は引き出し式。

20171220 (18)
腰の根元の関節は軸を前後にスイングすることが可能で、広く動かすことが出来ます。

20171220 (15)
股関節は軸式関節。

20171220 (24)
関節カバーが使用されており、脚を開いても関節の隙間が目立たないようになっています。

20171220 (31)
可動範囲も広く、キックも自然に。

20171220 (30)
腰の可動による部分も大きいですが、膝立ちも自然に決まりますね。

20171220 (23)
腿はボールジョイントで、ロールのほか細かな調節が可能。

20171220 (26)
足首は可動範囲が広く、足も通常のアーツより大きめなので接地性は抜群。

20171220 (37)
メモリの落ちやすさはWから変わらずで、手首交換の時など気を遣います。

20171220 (33)
マキシマムドライブ!

20171220 (36)
新規の手首パーツのお陰でジャンプ時のポーズも綺麗に決まります。

20171220 (34)
ライダーパンチ!

20171220 (32)
続けてマキシマムドライブ。

20171220 (35)
ライダーキック!

20171220 (28)
以上、S.H.フィギュアーツの真骨彫製法より、仮面ライダージョーカーのレビューでした。
基本的にWサイクロンジョーカーから大きな変化は無いので、安心のクオリティの高さ!
しかし販売形態についてはかなり酷い有様でしたし、今後はもっと工夫していただきたいところです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tfride.blog.fc2.com/tb.php/412-3a67637f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ