FC2ブログ

MY WAYS

自由気ままに色々レビュー

TLK-29 コグマン

20171229 (43)
-INTREPID PROTECTOR-
今回はトランスフォーマー最後の騎士王より、ようやくの発売となったコグマンをレビュー!


20171229 (1)
20171229 (2)
まずは付属のヘッドマスターから。
レジェンズ版と同様の規格ですが、しっかり劇中準拠の造形に。
特に頭部は小さいながら良く出来ています。

20171229 (3)
同様の規格なので可動もレジェンズ版と共通。
首と肩がボールジョイント、脚は左右一体で股関節と膝が前後に曲がるように。

20171229 (4)
レジェンズのホットロディマスのヘッドマスターと比較。
ちなみに、コグマンの方は説明書ではヘッドマスターではなく、単に頭と記載されています。

20171229 (5)
20171229 (6)
ヘッドモードは劇中未登場ですが、ヘッドマスターの頭部と同じデザインに。
全体にウォッシングが施されており、劇中の金属感がよく表現されていますね。

20171229 (7)
正面から。
次作ではヘッドオンも披露されるといいなあ。

20171229 (8)
20171229 (9)
トランステクターはアストンマーティン・DB11。
劇中ではコグマンとバートン卿が最初に乗っていた車になります。

20171229 (12)
ビークル内部のハンドルなども細かく造形。

20171229 (11)
座席部分にはヘッドマスターを2体搭乗させることが可能。
緩めですが、足先の3㎜ピンで固定も。

20171229 (13)
ボディは成形色ですが、劇中の白銀のイメージがわりと捉えられていて悪くないです。

20171229 (14)
ホイールは塗装されていて、高級感が。

20171229 (15)
アストンマーティンの曲線的なボディもよく再現されていて美しいです。

20171229 (17)
では、トランスフォーム。
ビークルモードからロボットモードまで16ステップで変形!
ヘッドマスターの搭乗ギミック等もありますがシンプルな変形機構。

20171229 (18)
20171229 (19)
コグマン ロボットモード
劇中に登場したヘッドマスターと同じデザインに変形。

20171229 (25)
胸周り
胴体にはヘッドマスターのようにウォッシングが。

20171229 (20)
20171229 (21)
腕と脚
ヘッドマスター準拠のデザインなのでとてもシンプルなスタイル。

20171229 (22)
武器として剣が付属。
説明書に特に記載はありませんが、劇中に登場したエクスカリバーのようです。

20171229 (10)
ビークル時には武器は裏面に収納しておくことが可能。

20171229 (26)
20171229 (27)
先述の通り、ヘッドマスターの規格はレジェンズ版と同様なので、LG21以降のヘッドマスターとのクロスヘッドオン遊びも。

20171229 (23)
TLKのニューバンブルビーと比較。

20171229 (24)
ロストエイジのADバンブルビーとも。
発売前には機構流用ではないかと言われていましたが、実際にはビークルパーツの配置が近いぐらいでした。

20171229 (30)
では、適当にポーズ。

20171229 (34)
可動はまあまあ。

20171229 (31)
ヘッドマスターギミックを搭載しながらも、首はボールジョイントでしっかり可動。

20171229 (28)
肩関節は上下スイングとボールジョイントの2重関節。

20171229 (39)
肩のガワパーツは跳ね上げ式で、干渉から逃がすことが可能。

20171229 (37)
手首は変形機構で倒れるように。

20171229 (35)
構えや突きなど、剣を使ったポージングに一役買ってくれますね。

20171229 (29)
股関節はボールジョイント。

20171229 (33)
シンプルなデザインなので干渉もなく広く可動します。

20171229 (32)
膝にはクリックが仕込まれており、3段階で可動。

20171229 (40)
細かい調節が出来ず扱いづらくコグマン本体も軽いので、別にクリックでなくてもよかったような。

20171229 (41)
足首は変形機構で前方向に可動させることが。

20171229 (38)
伸ばす方向の可動が無いのと踵が無いデザインで立たせにくさが目立ちます。

20171229 (42)
突然発売延期のアナウンスが入り一時はどうなる事かと思いましたが、2017年内と早めに発売されて良かった…

20171229 (36)
以上、最後の騎士王よりコグマンのレビューでした!
最後の騎士王で一番輝いていたキャラクターな上、2ヵ月の延期もあり、待ちに待った発売となったコグマン。
接地性の悪さのみは気になりますが、ビークル、ロボット共に塗装は少ないながらも安っぽさを感じさせない仕様になっていたのが嬉しい点でした。
ヘッドマスターギミックもシリーズの垣根を越えてレジェンズ版と同じ規格というのも面白いですね!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tfride.blog.fc2.com/tb.php/414-a261992d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ