FC2ブログ

MY WAYS

自由気ままに色々レビュー

MB12 オートボットジャズ

20180321 (37)
-オートボットの副官-
司令官オプティマスプライムの副官を務めている。
お調子者のムードメーカー的存在だが実は人一倍仲間思いでありオートボットの仲間から慕われている。

今回はムービーザベストシリーズより、1作目に登場したオートボットジャズをレビュー!


20180321 (1)
20180321 (2)
ビークルモード ポンティアック・ソルスティス
1作目公開時に発売されたジャズに、同じく1作目公開時に発売されたファイナルバトルジャズの武器を付け、ムービーザベストにラインナップ。
一般販売された通常版ジャズは成形色メインでしたが、今回はビークル外装前面に塗装が施されています。

20180321 (5)
落ち着いた銀色なので下品さもなく、高級感のある印象。

20180321 (6)
古いアイテムながら、ビークルのデザインもよく再現されていますね。

20180321 (3)
リアの丸っこさが個人的にお気に入りな部分。
ナンバープレートがパーツ分割に活かされている点には感心しました。

20180321 (4)
先程一般販売のジャズは~と書きましたが、豪華塗装版は公開当時にプレミアムシリーズという形で発売(ジャズは国内未発売)されていたり。

20180321 (7)
リアウイングには付属のクレッセントキャノンを取り付け可能。
こちらが先述のファイナルバトルジャズに付属していた武器になります。

20180321 (8)
クレッセントキャノンにはスプリングによるミサイルギミックが搭載されています。

20180321 (9)
クレッセントキャノンはリアウイングに挟み込む形で取り付ける為、塗装に注意が必要そう。

20180321 (10)
最後の騎士王のニューバンブルビーと比較。
ポンティアック・ソルスティスは劇中では小ささが目立つビークルでしたが、この辺は時代を感じますね…

20180321 (11)
では、トランスフォーム。
実写シリーズ初期のアイテムということもあって、あまり実写シリーズっぽくない変形。
1作目のアイテムということで連動変形オートモーフが仕込まれており、運転席部分を倒すと頭部と胸が自動で変形します。

20180321 (12)
20180321 (13)
ジャズ ロボットモード
劇中に比べるとマッシブなロボットモード。
通常版ジャズに近い配色となっています。

20180321 (14)
20180321 (15)
顔周り
バイザーに猫耳で実写っぽくないシンプルにカッコいいデザイン。
口周りは劇中に比べ虫っぽい感じに。

20180321 (16)
クリア部分が大きいので集光も分かりやすいです。

20180321 (17)
胸周り
変形の関係で胴はかなり短め。

20180321 (18)
20180321 (19)
腕と脚
腕はかなり簡素な構造。
対して脚は非常にマッシブです。

20180321 (20)
背中のガワパーツは取り外して肩のタイヤに取り付けることでシールドに。
タイヤに取り付ける為、安定しないのが玉に瑕。

20180321 (21)
ガワを取り外した背中はこんな感じ。
ガワの取り外しが結構固いのが難点。

20180321 (23)
武器のクレッセントキャノン。
ビークル時から変形してかなり長く。
武器は前腕内部にある5㎜ジョイントに取り付けます。

20180321 (24)
この状態でもミサイルギミックはもちろん健在。
ミサイルはエフェクトのような形状に。

20180321 (22)
クレッセントキャノンは説明書では逆側に取り付けるよう指示されています。
この状態だとライフルの様な見た目に。

20180321 (25)
最後の騎士王のニューバンブルビーと比較。
10年の時代を感じるボリューム感です。

20180321 (26)
では、適当にポーズ。

20180321 (28)
型の古さもあって可動はイマイチ。

20180321 (29)
首はボールジョイントでグリグリ可動させることが可能。

20180321 (30)
肩はヒンジによる上下可動と軸回転による前後可動。

20180321 (33)
ヒンジの方の保持力が低めなので武器を持たせると少し心許ない感じ。

20180321 (38)
肘の可動は60度ほどで、腕のロールは無し。

20180321 (27)
股関節も軸で前後左右に可動。

20180321 (32)
脚は高く上げることが出来ますが、開脚は腿にくっついているドアが干渉するため、左右それぞれ60度ほどが限界。

20180321 (34)
膝の可動も干渉しやすく、最大60度ほど。
膝下にはロールが。

20180321 (31)
足首は変形機構で前後に可動。

20180321 (36)
踵もあるので安定感があります。

20180321 (35)
可動はイマイチですが、プラが豪勢に使われた重量感はやはり魅力ですね…

20180321 (39)
以上、ムービーザベストよりオートボットジャズのレビューでした!
変形、可動に関しては目を見張る部分は少ないというのが正直なところで、スタジオシリーズによる新規アイテムも発表されている今、慌ててこれを買う必要は無いのかなという印象。
ですが、10年前の型だからこその良く言えば豪勢、悪く言えば大味なパーツ構成に玩具としての魅力が詰まったアイテムだと感じますね。

スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tfride.blog.fc2.com/tb.php/421-167b8a04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ