FC2ブログ

MY WAYS

自由気ままに色々レビュー

SS-05 オプティマスプライム

20180524 (28)
オートボットの総司令官。
強固なボディと類まれな正義感で仲間のオートボットから絶大な信頼を得ている。
車体を彩るファイヤーパターンが特徴的なトラックに変形する。

今回はスタジオシリーズより、トランスフォーマーリベンジに登場した姿のオプティマスプライムをレビュー!


20180524 (1)
20180524 (2)
ビークルモード ピータービルト・379
ファイヤーパターンが目を引くお馴染みのトレーラートラック。
今回のオプティマスは赤とシルバーがかなり暗いカラーになっており、今までとは随分異なる印象に。

20180524 (4)
成形色メインですが、ラメ入りなため安っぽさはあまり感じません。

20180524 (5)
安全基準の為なのか排気塔が短いのが残念。

20180524 (6)
ダークサイドムーンのメックテックトレーラーはサイズが合わず、牽引することは出来ませんでした。

20180524 (38)
ビークル後部には付属の武器を取り付け可能です。

20180524 (3)
ダークサイドムーンのオプティマスプライムと比較。
SS版は青だけ明るいのが少し違和感。

20180524 (7)
では、トランスフォーム。
プライムのファーストエディションオプティマスに非常に近い変形機構。
運転席周りは小さいパーツが多いのが驚きでした。

20180524 (8)
20180524 (9)
オプティマスプライム ロボットモード
肩幅が広い点が気になりますが、それ以外は良好なスタイル。

20180524 (12)
20180524 (13)
顔周り
シルバー(というかガンメタ)の塗装部分が劇中より広くなっていますが、造形自体は細かく雰囲気も十分。

20180524 (14)
胸周り
変形機構の関係で、胸のウインドウやボンネットのパーツが左右で開きすぎなのが残念。

20180524 (10)
20180524 (11)
腕と脚
どちらもスッキリしたシルエットで見栄えも良い感じです。

20180524 (15)
付属武器として2本のエナジーブレードが付属。
手に握らせる仕様ですが、裏から持たせることで腕から生えているような見た目に。

20180524 (16)
エナジーブレードは背中にマウントさせておくことが可能。

20180524 (35)
説明書に記載はありませんが、スタジオシリーズの名の通り、パッケージ内部の台紙をディスプレイスタンドとして使用することができます。

20180524 (36)
オプティマスの背景にはリベンジ中盤での森林戦の風景が描かれています。

20180524 (18)
ロストエイジのADクラシックオプティマスと比較。
スタジオシリーズ内でサイズが合わせられていることもあり、最近のボイジャークラスに比べてサイズは小さめ。

20180524 (17)
DOTMオプティマスと比較。
小さめとはいえ、DOTM~プライム辺りの少し小さくなっていた時期に近いサイズ。

20180524 (37)
SSバンブルビーと比較。
サイズが合わせられているだけあり、良い感じのサイズ感。

20180524 (30)
では、適当にポーズ。

20180524 (19)
可動は基本的に良好。

20180524 (22)
基本的な関節は全て仕込まれていますね。

20180524 (26)
首はボールジョイントですが、アゴが首周りのパーツに干渉するので自由度は低め。

20180524 (21)
首以外は全て軸関節が使用されています。

20180524 (27)
肘は90度まで曲がりますが、エナジーブレードを持たせると少し物足りなく感じます。

20180524 (25)
最近の物には珍しく手首が回転。

20180524 (31)
変形の恩恵で腰も回転します。

20180524 (33)
股関節周りに干渉するものも無く、脚は高く上げることが可能。

20180524 (23)
膝が深く曲がり、腰も回るので膝立ちも自然に。

20180524 (34)
腿にロールがありますが、タイヤの1つが腿側についている為、内側への捻りには制限が。

20180524 (24)
足首は前後左右に可動し、接地も良好。

20180524 (20)
本体のサイズが小さい分、他のSSシリーズに比べて塗装やパーツが多めな印象があります。

20180524 (29)
正直、最初に画像を見た時は不安要素の方が多かったのですが、実際に触ってみると変形も面白い上に扱いやすくいつくりでした。

20180524 (32)
以上、スタジオシリーズよりオプティマスプライムのレビューでした!
今回、ボイジャークラスとして4度目の立体化となったオートボットの総司令官。
少々スタイルに気になる部分はあるものの、変形の面白さと扱いやすさという点で十分魅力を感じるアイテムとなっていますね!

スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tfride.blog.fc2.com/tb.php/423-a2a37209
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ