FC2ブログ

MY WAYS

自由気ままに色々レビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SS-26 ジェットファイヤー

20190421 (51)
永遠に続く戦争に嫌気が差し、ディセプティコンを抜け眠りについていた老戦士。
オールスパークの力で目覚めた彼は、自分の命と引き換えにオプティマスプライムのパワーアップパーツとなる選択をする。
SR-71ブラックバードに変形する。

今回はスタジオシリーズより、トランスフォーマーリベンジに登場したジェットファイヤーをレビュー!


20190421 (1)
20190421 (2)
ビーストモード SR-71ブラックバード
翼など薄く、シャープな造形。
各部のプリントも細かく再現されています。

20190421 (3)
物理的にどうしようもないですが、下から見ると色々覗いているのはリベンジ版から変わらず。

20190421 (4)
ランディングギアは3点に設けられています。

20190421 (5)
リベンジ版と同じリーダークラスですが、ビークルは一回り程小さくなっています。

20190421 (6)
SS-25オプティマスプライムと比較。
リベンジ版が撮影スペースに収まらないので、スタジオシリーズのオプティマスのみと比較。
小さくなったとはいえ、それでもなお巨大。

20190421 (7)
では、トランスフォーム。
リベンジ版よりも劇中に近いパーツ構成に。
ロボット→ビークルのガワ合わせはリベンジ版ほどでは無いですが、中々の難度。
肩のヒンジの下ろし忘れにも注意です。

20190421 (8)
20190421 (9)
ジェットファイヤー ロボットモード
猫背と鳥脚が特徴的なデザイン。
リベンジ版に比べ、全体的にスッキリしています。

20190421 (11)
20190421 (13)
顔周り
髭も生えていて、いかにもお爺さんな顔。
髭はすべて軟質パーツ。

20190421 (12)
集光などは無いのでわかりにくいですが、瞼の置くには瞳パーツも造形されています。

20190421 (10)
胸周り
あまり目につかないこともあってか、胸周りはシンプルな塗り分け。

20190421 (15)
20190421 (16)
腕と脚
ディティール、塗り分け共にしっかりしています。

20190421 (17)
武器としてランディングギアが変形した杖。
手のひらにあるジョイントに差し込む形で保持します。

20190421 (18)
そして斧が付属。

20190421 (20)
20190421 (19)
武器は背中のガワにマウントしておくことが可能です。
ビークル時には斧は裏面に貼り付けておくことが出来ます。

20190421 (21)
説明書に記載はありませんが、スタジオシリーズの名の通り、パッケージ内部の台紙をディスプレイスタンドとして使用することができます。

20190421 (22)
台紙にはリベンジに登場した砂漠が。

20190421 (24)
スタジオシリーズのブラックアウトと比較。
同じリーダークラスということで、近いボリューム感。
以前のリーダークラスよりは一回り程小さくなっています。

20190421 (23)
SS-25のオプティマスプライムと比較。
クラスが1つ違うこともあって、結構なサイズ差。
リベンジ版のリーダークラス同士が印象深いので、少し不思議な感じ。

20190421 (25)
では、適当にポーズ。

20190421 (26)
独特な体型ですが、可動は良好。

20190421 (28)
後述のギミックの為に、体が分解できるのですが、それを感じさせないカッチリ感も。

20190421 (34)
首はボールジョイントで、見た目以上に自由に動かせます。

20190421 (35)
肩はロックが外れやすいのが少し気になるかな。

20190421 (37)
手首は回転に加えてヒンジもあり、杖の取り回しも楽。

20190421 (30)
指が可動しないので、杖を持った状態が少々不格好。

20190421 (32)
股関節と膝はクリック関節で、安定感があります。

20190421 (31)
足首は左右に可動。

20190421 (29)
踵も大きいので接地も安定していますね。

20190421 (36)
鳥脚は扱いにくいことが多いですが、今回は関節が多く、それぞれの可動域が広いのでとても扱いやすいです。

20190421 (27)
リーダークラスなので重さもありますが、ヘタレなどもなく全体的にしっかりしています。

20190421 (33)
リベンジ版が海外限定含めて度々再販されていたので気づきませんでしたが、何気に10年ぶりの新規アイテムなんですね。

20190421 (38)
本体に続いて合体ギミックの紹介へ。
まず、ジェットファイヤーを写真の様に分解。

20190421 (40)
20190421 (41)
そしてSS-25オプティマスプライムを合体準備の形態に。

20190421 (39)
ちなみに、ジェットファイヤーには夏発売予定のオプティマスに向けた、交換用の腹部パーツが付属。
こちらのパーツはジェットファイヤー本体に収納しておくことが可能です。

20190421 (42)
20190421 (43)
分解したジェットファイヤーをオプティマスに取り付けて、ジェットパワーオプティマスプライムの完成!
ジェットファイヤーを分解してから取り付けることで、リベンジ版よりも劇中イメージに近い構成に。

20190421 (44)
胸周り
胸のベルトは側面部分が軟質パーツ。
そこまでタイトでも無いので、リベンジ版のように切れる心配はなさそうかなと。

20190421 (46)
ジェットファイヤーの上半身だったパーツは銃に。
海外版では説明書で特に触れられていなかったそうですが、国内版では変形方法が記載されています。

20190421 (45)
ジェットファイヤーの武器は翼にマウントさせておくことが可能。

20190421 (47)
この形態での可動は概ねオプティマスに準ずる形に。

20190421 (48)
上半身が変形した武器は非常に重たく、まともに保持が出来ないので、ポーズを付ける際は本体のどこかに引っ掛けてやる必要が。

20190421 (50)
ボイジャークラスがリーダークラスを背負っているようなものなので、オプティマスの腰と股関節には結構な負荷が。

20190421 (49)
とてもカッコいいですが、合体形態で飾るのはあまりお勧めしません。

20190421 (52)
以上、スタジオシリーズよりジェットファイヤーのレビューでした!
劇中に格段に近づいた造形、スタイル。可動も優秀で関節もしっかりしており、とても扱いやすい仕上がり。
バラバラになる合体ギミックを盛り込みながらもカッチリまとまっており、10年ぶりのリメイクに相応しいクオリティですね!

スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tfride.blog.fc2.com/tb.php/445-43bf631c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。