MY WAYS

自由気ままに色々レビュー

AM-15 ディセプティコン破壊大帝メガトロンダークネス

ガイアユニクロン編もクライマックス!
s-DSC06572.jpg
「運命は我の手にある!」
瀕死となったメガトロンが、ダークエネルゴンの力によって復活した姿。
ダークエネルゴンによって肉体は強化されどす黒い光を放ち、背中には新たなアームズマイクロン「ハデス」をまとう。
アームズアップの究極系といえる姿は、まがまがしいだけでなく、全てのアームズマイクロンを意のままに操る能力も持つ。
この進化が、メガトロンの真の力なのか、ダークエネルゴンそのものの力なのか真実を知るものはいない…
(パッケージのプロフィールより)

メガトロンダークネスをレビューです。

s-DSC06562.jpg
ビークルモード エイリアンジェット
例によって謎ビークル。劇中のデザインをよく再現できているかと。

s-DSC06563.jpg
後ろ
シールナシのビークルは撮り忘れです…

s-DSC04802.jpg
付属のシールはこんな感じ。
色々あってシールは40枚以上…

では、メガトロン!トランスフォーム!
変形はデラックス版から簡略化され、細かい変形が少なくなってます。

s-DSC06554.jpg
メガトロンダークネス ロボットモード
劇中のデザインがよく再現されていますね。
カラーリングはオリジナル要素がかなり強め。

s-DSC06555.jpg
うしろ
デラックス版に比べてガワがでかめ。

s-DSC06556.jpg
バストアップ
胸、肩、頭部の装甲がメッキなので凄まじくギンギラギン。
ですがメッキ部分には細い線のモールドが彫られているので落ち着いた感じに。
顔はデラックス版程ではありませんが細かいです。

s-DSC06560.jpg
集光ギミックはこんな。瞳も造形されています。

s-DSC06558.jpg
RID版のパワーライザーの名残で各所にクリアパーツが使われているので光に透かすとダークエネルゴンがあふれ出しているかのよう。
美しい…

s-DSC06577.jpg
AMオプティマスプライムと比較
劇中のような身長差はありませんがパーツが大きいのでこころなしメガトロンのほうが大きく見えますね。

s-DSC06578.jpg
デラックス版AMメガトロンと
体系ではダークネス、カラーではデラックス版といった感じですね。

s-DSC04799.jpgs-DSC04800.jpg
シールナシのロボットモード
シールはインシグニアと膝以外はダークエネルゴン厨二病全盛期を再現した感じのドレスアップに近いのでお好みで良いかも。

s-DSC06567.jpg
s-DSC06568.jpg
アームズマイクロンのゴラⅡ
デラックス版に付属していたゴラのリデコとなります。
ビーストモードは同じくゴリラ。

s-DSC04803.jpg
ランナー状態

s-DSC06569.jpg
ウェポンモード
リデコによってボイジャークラスでも合うサイズになっています。
通常版と違って銃口がシールで再現されているのが良いですなー。
エネルゴンクリスタルは紫の「ダーク HP」

s-DSC06564.jpg
ビークルモードでは劇中っぽく取り付けが出来ます。

s-DSC06548.jpg
s-DSC06549.jpg
そしてメガトロンダークネスのウリである巨大なアームズマイクロン、ハデス。
名前はギリシャ神話の神の名前ですね。
マイクロンの癖にやたらでかい。

s-DSC04801.jpg
ランナー。サイズが大きいのでランナーは二つ。

s-DSC06550.jpg
もちろん動きます。
翼の付け根がやたらと外れやすい…まぁ、破損するよりは断然良いのですが。

s-DSC06552.jpg
メテオサイズモード
一つでスーパーコンボウェポン以上の大きさに。

s-DSC06551.jpg
ウイングモード
メガトロンの背中にアームズアップして巨大な羽に。
ちなみにオプティマスにもアームズアップ可。
3つのエネルゴンクリスタルが見えていますが、このハデスは一体でスーパーコンボウェポン!
属性は灰色のロック。

s-DSC06565.jpg
ビークルモードだとこんな感じ。
結構そのまんまですがこれが中々カッコいい!

s-DSC06595.jpg
各所のジョイントにアームズマイクロンを取り付けてアームズアップ!
このメガトロンにはジョイント増設部分がないので主にジョイントが大量にあるハデスのジョイントを使うことになりますね。

s-DSC06566.jpg
ビークルモードでもアームズアップ!

s-DSC06580.jpg
では適当にポーズ

s-DSC06594.jpg
可動はまあまあ良い感じ。デラックス版には劣ってしまいますが。

s-DSC06593.jpg
腕は肩がボールジョイントなんですが、付け根が胴体に干渉してしまって動かしにくい印象。
まぁ、動くことは動きますが。
あと肩の装甲がものっすごく固いのでシリコンスプレーを吹いてますがそれでも固い…気をつけないと変形の時に千切れてしまいそう。

s-DSC06584.jpg
下半身はこれと言って干渉するものもなく中々自由に動かすことが出来ます。

s-DSC06602.jpg
OPっぽく。
腿が短めのデザインなので普通に膝立ちのポーズは厳しいですね。

s-DSC06597.jpg
つま先とかかとはそれぞれ前後に可動するので接地性は中々。

s-DSC06586.jpg
ハデスウイングモードは見栄えして結構かっこいいのですが、開封状態だと股関節が緩くてポーズを付けるとすぐに股裂けしてしまうのが残念…
ちなみに自分は補強してます。

s-DSC06590.jpg
メテオサイズモードはでかくてカッコいいですが、ハデス自身が刃の重みに耐え切れず柄にある間接が勝手に折れ曲がってしまい扱いにくい…

s-DSC06589.jpg
それを少しでも改善するためか説明書などでは手に持たせるのではなく腕のジョイントに取り付けるよう指示されています。あんま意味ないんですけどね…w

s-DSC06591.jpg
もちろん手にも持たせられますが両手持ち必須ですw
…これが一番かっこいいかも。

s-DSC06575.jpg
工夫すればどうにかなるとはいえ目玉ギミックのはずのハデスとの連動がちょっと難アリでなんとも…

s-DSC06582.jpg
カッコ良いだけにもったいない。

s-DSC06601.jpg
以上、メガトロンダークネスのレビューでした。
所々に難はあるもののAMシリーズらしいオリジナルの設定や独自の解釈によるカラーリングなどタカラトミーの張り切り伝わってくる面白いアイテムとなっていますね!
スポンサーサイト

コメント

価格下がってない!! でも許容範囲!(笑)

アニメイ以降、メガトロン=我が定着しちゃってますね.....(実写除く)
どこか違和感が……

価格下げるために態々塗装カットしてシールにしたのに、全然下がってないし、寧ろ上がってるし……
でも、この豪華さでは許せるような気がします。(笑)

ハデスの羽根は取れやすいにもほどがある……
ハデス、“手に持たせるのではなく腕のジョイントに取り付けるよう指示されています”けど、肘側のジョイント(ゴラⅡをつけるところ)にアームズアップすると、ハデスの尻尾(持ち手)の関節部がちょうど手首側のジョイントにジャストフィットして折れ曲がらなくなりますよ。
ウチの闇メガ様は、常時この状態ですww

ハデスの羽根、股関節などなど、問題点も多いですけど、個人的には、かなりお気に入りになりましたね。
ま、ジェットビーコンやビーコンには敵わねぇけどな!(爆)

  • 2012/09/23(日) 17:09:31 |
  • URL |
  • Rodi-Rodi #-
  • [ 編集 ]

Re: Ridi-Rodiさん

これに限ってはシールが無くても十分なカラーですしまぁw
ホントタカトミ張り切ってます。

ハデスの羽は折れないだけマシと割り切るしかありませんねぇ・・・
自分も収まりが良いので飾る時はハデスはそのジョイントでアームズアップさせてますねー。

  • 2012/11/04(日) 23:36:48 |
  • URL |
  • ウェイズ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tfride.blog.fc2.com/tb.php/93-8200cfe5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ